P2 R-18

帰宅時間、地下第2駐車場――いつもの場所に、狂気が潜む

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

P2

クリスマスイヴのNY。残業を終えたアンジェラはホームパーティへ向かうために車に乗り込むが、エンジンがかからない。駐車場の警備員・トムに車を診てもらうが、やはりエンジンはかからなかった。しかもビルが施錠されていてしまい、外にも出られなくなってしまう。それを知り途方に暮れていたアンジェラは、直後、薬で何者かに眠らされる。そして気が付くと、そこには手錠をはめられた自分と、サンタ姿で微笑むトムがいた……。


解説

夜のオフィスビル、誰もいない地下2階駐車場“P2”――この作品は、そんなごくありふれた場所から始まる恐怖と戦慄の物語。帰宅のために駐車場へと降りた1人の女性が駐車場警備員の魔の手にかかり監禁され、そこから逃げ出そうとする姿を、胃を締めつけるような映像と共に描いていく。いつも使う“当たり前の場所”が逃れられない地獄と化す様は、凶悪犯罪がどこでも起こりうる現代の社会事情を思わせる。暴力シーンはかなり残酷で、R-18指定を受けるほど。そうしたリアルな描写が、追い詰められていく女性の心理を鋭く伝える手助けとなっている。「エイリアス」のレイチェル・ニコルズの体当たりの演技も見どころだ。


配給ムービーアイ エンタテインメント
制作国アメリカ (2007)
ジャンルホラー スリラー/サスペンス
公式サイト公式サイトはこちら

2008年05月10日よりシアターN渋谷、銀座シネパトスほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原案
製作総指揮
製作
共同製作
撮影監督
美術
音楽
音楽監修
編集
衣装デザイン
字幕翻訳

キャスト

俳優名役名
レイチェル・ニコルズ (Rachel Nichols)Angela (アンジェラ)
ウェス・ベントレー (Wes Bentley)Thomas (トーマス)
サイモン・レーノルズ (Simon Reynolds)Mr.Harper (上司パーカー)
フィリップ・エイキン (Philip Akin)Karl (警備員カール)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック