ざ・鬼太鼓座 デジタルリマスター

名匠・加藤泰が撮った、芸能集団・鬼太鼓座

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ざ・鬼太鼓座 デジタルリマスター

恋人吉三郎に会いたいがために火の見櫓の太鼓を叩き続けるお七/春になり、一斉に咲き誇った菜の花の中をお七は、津軽三味線のりズムにのりながら花嫁衣裳で駆けめぐる。お七の新たな青春の始まり/七つの締大鼓にバチを落とすタクミ、ヨシカズ、カツジ、エイテツ、ハンチョウ、ヨシアキ、マサフミ。中大鼓が鳴り、締大鼓が後を追う…。


解説

佐渡ヶ島で和太鼓を中心にした日本の伝統楽器に青春をぶつける芸能集団・鬼太鼓座の若者たちを追ったドキュメンタリー。監督は『瞼の母(1962)』「緋牡丹博徒」シリーズなど、数々の娯楽作を手がけた世界的名匠・加藤泰。本作が遺作となった。イベント上映以外では一般に公開されず、幻の映画とされてきたが、加藤泰監督生誕100年の2016年、デジタルリマスター作業が行われ2017年に劇場公開。(作品資料より)


配給松竹メディア事業部
制作国日本 (1981)
ジャンルドキュメンタリー 

2017年01月21日よりユーロスペースにて



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術デザイン
美術
電子音楽
録音
照明
編集
製作主任
助監督
スチール
題字
振付

キャスト

俳優名役名
河内敏夫ハンチョウ
林英哲 (Eitetsu Hayashi)エイテツと吉三
大井良明ヨシアキ
藤本吉利ヨシカズ
高野巧タクミ
風間正文マサフミ
近藤克次カツジ
鎌田豊数トヨカズ
富田和明カズアキ
小幡キヨ子キヨコと少女
小島千恵子チエコ
山本春枝ハルエ
梅沢容子ヨウコ
鈴木春美ハルミ
森みつるお七とミツル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック