おはん

生活力の乏しい三十男が、一途さとしたたかさをもつ妻と、情熱的で激しい気性の芸者との間で揺れ動く姿を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

幸吉は、おばはんの家の軒を借りて古物商を営みながら、自分の小遣銭を稼いでいるしがない男である。七年前、町の芸者おかよと馴染みになったことから、妻のおはんは身を退いて実家へ戻り、幸吉は鍛冶屋町の小さな家に、二人の抱え妓をおいて芸者家をしているおかよのところに住みついていた。ある夏の日、おはんを見かけた幸吉は、悟という自分の子がいることを聞かされ、一度逢いに来てくれと言ってしまい…。


解説

生活力の乏しい三十男が、一途さとしたたかさをもつ妻と、情熱的で激しい気性の芸者との間で揺れ動く姿を、親子の愛情を絡めて描く。宇野千代の同名小説の映画化で、脚本は「細雪(1983)」の日高真也、監督は脚本も執筆している同作の市川崑。撮影は五十畑幸勇が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1984)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
製作補
撮影
美術
音楽
主題歌
録音
照明
編集
衣裳監修
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)おはん
石坂浩二 (Koji Ishikawa)幸吉
大原麗子 (Ohara Reiko)おかよ
香川三千お仙
ミヤコ蝶々おばはん
常田富士男富五郎(人形師)
音羽久米子お袋さん(おはんの母)
早田文次平太(おはんの弟)
宮内優子良子(平太の嫁)
上原由佳理お蝶(おかよの抱え妓)
伊藤公子きわ子(おかよの抱え妓)
横山道代 (Michiyo Yokoyama)半月庵の女将
浜村純大工の棟梁
桂小米朝伊之助(大工の弟子)
長谷川歩悟(おはんの息子)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック