みな殺しの霊歌

加藤泰が監督にあたったスリラー作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

殺人犯として全国に指命手配されながら、川島はうまく逃げのびて、あと一年で時効が成立しようとしていた。ある町の工事現場で名を変えて働いていた川島は、クリーニング店の少年と親しくなったが、その少年が数人の有閑マダムの開く秘密パーティでなぶりものにされて自殺した時、女たちに激しい憎悪を抱いた。川島は復讐を決意した。女たちの一人孝子が、情交のあと彼に殺されたのはそれから間もなくだった。ある日、川島は行きつけの食堂で働く春子に好意を持ったが、彼女が切羽つまった情況で暴れ者のやくざの兄を殺し、執行猶予中の人間と知って、一層、親しみを感じた。川島は、殺人が虐げられた人間の、最後の抵抗手段と思っていたのだ…。


解説

広見ただしの原案を、「ハナ肇の一発大冒険」の山田洋次と、「懲役十八年」の加藤泰が共同で構成にあたり、三村晴彦がシナリオを執筆した。監督には加藤泰があたったスリラー。撮影は「雌が雄を喰い殺す 三匹のかまきり」の丸山恵司。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1968)
ジャンルスリラー/サスペンス 


スタッフ

監督
構成
脚本
原案
製作
撮影
美術
装置
音楽
録音
調音
照明
編集
製作主任
進行
監督助手
スチール

キャスト

俳優名役名
佐藤允 (Makoto Sato)川島正
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)春子
應蘭芳安田孝子
中原早苗橋本圭子
沢淑子王操
菅井きん毛利美佐
河村有紀富永京子
松村達雄笠原本部長
大泉滉亀岡巡査
角梨枝子銀座の二流バーのマダム
石井均桜田
須賀不二男鈴木
太宰久雄クリーニング屋の主人
渡辺篤管理人
吉田義夫清の父親
藤田憲子ホステス真実
明石潮食堂「万福]の主人
高野真二圭子の夫
石井トミコクリーニング屋の妻
諸角啓二郎刑事
穂高稔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック