コドモのコドモ

小さな命を育んで11歳の少女が母になる

上映スケジュールはコチラ!
コドモのコドモ
コドモのコドモ
コドモのコドモ

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

コドモのコドモ

小学5年生の春菜の担任は、東京からやって来た若い女の八木先生だ。性教育の授業に力を入れるべきだと考える八木は、同僚の反対を押し切って教室で妊娠の仕組みについて科学的に教えようとするが、春菜ははたと思い当たる。これって仲良しのヒロユキとした“くっつけっこ”のことじゃないのかと。やがてお腹が丸みを帯び始め、春菜は小さな命の芽生えを実感するが、大人たちは誰もそのことに気づかないのだった。


解説

『神童』に続いて萩生田宏治監督が漫画家さそうあきらの原作に挑んだ。小学校5年生の妊娠・出産というセンセーショナルでショッキングな題材を取り上げながら、貫かれているのは命に対する真摯なアプローチだ。新人・甘利はるなをはじめとする子役たちが見せる野蛮で、たくましい生命力に驚かされる。問題の本質を無視して文句と非難を繰り返す大人たちに対し、子どもたちの現実への対応能力はどうだ。ただシンプルに起こった事に向き合い、当たり前のように命の尊厳を守るのだから。麻生久美子演じる志し高い教師の八木さえも教え子たちから置き去りにされ、本当の「責任」の意味を子どもたちによって教えられるのだ。


配給ビターズ・エンド
制作国日本 (2008)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2008年09月27日よりシネ・アミューズ、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
プロデューサー
協力プロデューサー
撮影
美術
音楽
音楽プロデューサー
主題曲/主題歌
録音
音響効果
照明
編集
ネガ編集
スタイリスト
ヘアメイク
音楽エディター
キャスティング
アソシエイト・プロデューサー
ライン・プロデューサー
制作担当
助監督
装飾
スチール
特写
性教育協力
方言指導
助産指導
メイキング
特殊造形
タイミング
題字/タイトル
企画協力

キャスト

俳優名役名
甘利はるな持田春菜 (モチダハルナ)
伊藤梨沙子吉田美香 (ヨシダミカ)
川村悠椰鶴巻ヒロユキ (ツルマキヒロユキ)
大熊彩花朝倉真由 (アサクラマユ)
帯金遼太生田目ミツオ (ナバタメミツオ)
須藤瞳丸山珠
竹森雄之介川上ダイゴ (カワカミダイゴ)
山田清貴久保田万作 (クボタマンサク)
宮崎美子 (Miyazaki Yoshiko)春菜の母 (ハルナノハハ)
草村礼子おばあさん (オバアサン)
斉藤暁 (Satoru Saito)春菜の父 (ハルナノチチ)
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)おじいさん (オジイサン)
谷村美月 (Tanimura Mitsuki)持田秋美 (モチダアキミ)
光石研 (Ken Mitsuishi)ヒロユキの父 (ヒロユキノチチ)
安倍聡子ヒロユキの母 (ヒロユキノハハ)
北見敏之ミツオの父 (ミツオノチチ)
守山玲愛ミワコ (ミワコ)
佐藤隆平リョウタ (リョウタ)
平川賢悦校長先生 (コウチョウセンセイ)
櫻田獅ヒロミ (ヒロミ)
渡辺陽樹ヒロミ (ヒロミ)
上野樹里 (Ueno Juri)スナックのママ (スナックノママ)
柄本佑 (Tasuku Emoto)朋子の彼氏 (トモコノカレシ)
森郁月朋子 (トモコ)
深水元基 (Motoki Fukami)小林先生 (コバヤシセンセイ)
塩見三省 (Sansei Shiomi)高松教頭 (タカマツキョウトウ)
麻生久美子 (Aso Kumiko)八木先生 (ヤギセンセイ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック