あゝ声なき友

戦友たちの遺書をあずかって一人生還した男が、残りの人生を犠牲にして、全国の遺族を訪れ歩く。この訪問を通して戦争のもたらした悲劇を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

終戦−−病気で入院していたため、全滅した分隊中ひとり生き残った西山民次は、戦友十二名の遺書を抱いて日本へ帰還した。家族は原爆で死亡。身よりのなくなった民次は、東京で知りあった、同じ担ぎ屋仲間で夜は躯を売っている、花子という女と同棲した。ところがある日女が失踪した。彼女は、民次が探していた戦友島方の妻静代で、身を恥じて逃げ出したのだ。翌年、民次が友人辰一と始めた、進駐軍残飯のごった煮屋は大繁昌。辰一は、板前である民次を頼りにするが、民次はそれより遺書配達に、熱中するのだった…。


解説

原作は有馬頼義の「遺書配達人」の映画化。脚本は「辻が花」の鈴木尚之。監督は「婉という女」の今井正。撮影は「喜劇 花嫁戦争」の堂脇博がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1972)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)西山民次
森次晃嗣松本軍一
北村和夫 (Kazuo Kitamura)百瀬大吉
小川真由美島方静代
加藤嘉西野入国臣
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)上辻美喜
新克利羽鳥良助
松村達雄松本友清
吉田日出子西賀紀子
志垣太郎市原礼
市原悦子 (Ichihara Etsuko)町よしの
長山藍子八木千恵子
香山美子 (Kayama Yoshiko)花香
田中邦衛 (Kunie Tanaka)
財津一郎辰一
荒木道子女園長
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)川瀬三吉
江原真二郎八木隆弘
金井大国本
春川ますみ (Masumi Harukawa)百瀬の妻
大滝秀治 (Hideji Otaki)弁護士
織本順吉 (Junkichi Orimoto)署長
田武謙三尾上団十郎
北林谷栄 (Tanie Kitabayashi)老姿
樹木希林 (Kiki Kirin)女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック