からっ風野郎

増村保造が監督したアクション・ドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

「百十一番の朝比奈だね」確かめるのと拳銃の轟音と同時だった。が、がっくりつんのめったのは全くの人違い。それは面会を代った囚人だった。殺し屋の狙った朝比奈一家の二代目武夫は難を逃れてその日出所した。殺し屋を向けたのは新興ヤクザ相良商事の社長相良雄作、武夫が父の復讐のために大怪我をさせ、それが武夫の二年七カ月のムショ入りの原因となったのだ。武夫はまず情婦の昌子に会った。女はすぐ燃えたが、武夫は非情だった。腕時計一つで彼女と手を切った。お荷物は一切綺麗にしとくんだと言って…。


解説

「女が階段を上る時」の菊島隆三に安藤日出男が加わった共同脚本を「女経」の増村保造が監督したアクション・ドラマ。「明日から大人だ」の村井博が撮影した。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンルアクション ドラマ


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
三島由紀夫朝比奈武夫
若尾文子 (Wakao Ayako)小泉芳江
川崎敬三小泉正一
船越英二愛川進
志村喬平山吾平
二代目水谷八重子 (Yaeko Mizutani)香取昌子
小野道子高津綾子
根上淳 (Jun Negami)相良雄作
矢萩ふく子相良みゆき
山本礼三郎雲取大三郎
神山繁 (Shigeru Koyama)ゼンソクの政
高村栄一赤間
杉田康錦貫
飛田喜佐夫健次
潮万太郎金沢
浜村純淀川
土方孝哉五郎
此木透野沢
小山内淳半田三郎
三津田健川瀬
花布辰男岩崎
小杉光史山下
伊東光一益子
杉森麟稲宮
倉田マユミ村田
佐々木正時肉屋のおやじ
森矢雄二「スリーキャッツ」のボーイ
守田学「カナリヤ」のマスター
須藤恒子相良のばあや
津田駿二相良の運転手
山口健法事の受付A
大塚弘法事の受付B
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック