あゝ決戦航空隊

かつて如何なる戦史にも類をみない“特攻戦術”の生みの親、大西滝治郎中将の生涯と、命令に服し散っていった特攻隊の全貌を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

太平洋戦争開幕以来、進撃を続けた日本軍ではあったが、その成功もわずか半年たらずで停滞し、昭和十九年六月、マリアナ群島の拠点、サイパン島攻防戦の火蓋がきられた。その頃、大西滝治郎中将は、海軍軍需省局長として、物資調達に奔走していた。児玉誉士夫機関長は、大西の合理的な判断と奔放な行動力に心服していた。やがて七月、サイパンは陥落。米内海相は、大西を第一航艦司令長官に任命した。サイパン陥落を境に、日本の敗勢はおおうべくもなく、東条内閣から小磯内閣へと変ったが、国難打開の責任は参謀本部の双肩にかかっていた。七月十五日、参謀本部は最後の決戦案を立案し、フィリッピン方面における戦闘を捷一号作戦と名づけた。十月、クラーク基地に姿を現わした大西は、猪口参謀、玉井中佐を呼び、特攻の編成を命じた。今まで、特攻作戦の進言に逡巡し、残り三十機の飛行機で正規の戦術で闘おうと努力した大西だったが、捷一号作戦を前に、敢て火中の栗を自らの手で掴む苦悩の決断であった。


解説

原作は草柳大蔵の『特攻の思想』。脚本は「仁義なき戦い 頂上作戦」の笠原和夫と「唐獅子警察」の野上龍雄、監督は「山口組外伝 九州進攻作戦」の山下耕作、特撮監督は本田達男、撮影は「激突!殺人拳」の塚越堅二がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1974)
ジャンル戦争 


スタッフ

監督
特撮監督
脚本
脚本協力
原作
製作総指揮
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)大西滝治郎
池部良米内光政
小林旭 (Akira Kobayashi)児玉誉士夫
高並功吉田彦太郎
山城新伍岡村吾一
室田日出男猪口力平
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)玉井浅一
葉山良二中島正
大木晤郎指宿大尉
鳥巣哲生横山大尉
北大路欣也 (Kinya Kitaoji)関行男
伊吹吾郎 (Goro Ibuki)久納好浮
中村玉緒 (Nakamura Tamao)淑恵
毛利菊枝易妻
菅原文太 (Bunta Sugawara)小園安名
内田稔菅原秀雄
黒沢年雄 (Toshio Kurosawa)荒井武夫
渡瀬恒彦 (Tsunehiko Watase)貝田義則
長谷川明男中井勝彦
成瀬正孝江藤欣一
有川博倉島正治
三上真一郎赤松貞明
内田朝雄 (Asao Uchida)島田繁太郎
俊藤浩滋 (Koji Shundo)及川古志郎
大木実豊田副武
遠藤太津朗寺岡謹平
村上冬樹 (Fuyuki Murakami)鈴木貫太郎
山本麟一阿南惟幾
原健策梅津美治郎
江原真二郎迫水久常
中村錦司千明康
安藤昇関根賢
檀ふみ佐田照美
太田博之大黒上飛曹
西城秀樹 (Hideki Saijo)高瀬丁
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)城英一郎
山田吾一中村兵曹
桜木健一畑井一水
待田京介佐多大佐
北村英三谷岡正俊
中谷一郎 (Ichiro Nakaya)岡村義基
野口貴史門司大尉
金子信雄 (Nobuo Kaneko)手塚中将
有川正治分隊長
蓑和田良太松田二水
山田良樹通信長
宮城幸生参謀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック