地球が静止する日

人類と異星人のファースト・コンタクト描く、50年代古典SFの代表作をキアヌ・リーブス主演でリメイク

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

地球が静止する日

任務遂行のため、ロボットの“ゴート”を従えて地球に降り立った人間型異星人“クラトゥ”。政府や科学者たちが謎の解明に奔走する中、ある女性と義理の息子は、クラトゥの任務に巻き込まれていく。そして二人は“地球史上最大の危機”が、今まさに訪れていることに気付く…。


解説

『ウエスト・サイド物語』『サウンド・オブ・ミュージック』など数々の名作を生んだロバート・ワイズ監督によるSF映画をリメイク。ワイズ版でのクラトゥは人類に核兵器の放棄を要求したが、本作では環境破壊への警告へと変えられている。主演は、「マトリックス」シリーズ、『スピード』のキアヌ・リーブス。監督は『エミリー・ローズ』で世界中から絶賛されたスコット・デリクソン。(作品資料より)


配給20世紀フォックス映画
制作国アメリカ (2008)
ジャンルSF/ファンタジー ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2008年12月19日より日劇1ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原案
製作
撮影監督
プロダクション・デザイン
音楽
編集

キャスト

俳優名役名
キアヌ・リーヴス (Keanu Reeves)Klaatu (クラトゥ)
ジェニファー・コネリー (Jennifer Connelly)Helen (ヘレン)
ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス (Jaden Christopher Syre Smith)Jacob (ジェイコブ)
ジョン・クリーズ (John Cleese)Dr. Barnhardt (バーンハート博士)
ジョン・ハム (Jon Hamm)Dr. Granier (グラニエ博士)
キャシー・ベイツ (Kathy Bates)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック