ソウ5 R-15

ジグソウの遺志を継ぐ者は誰なのか?

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ソウ5

ジグソウの遺体と対面し、ゲームへの強制参加を知ったFBI捜査官ストラムは奇跡的にトラップを逃れる。ところが、満身創痍の自分に比べ、同じく生還したホフマン刑事は無傷で、しかも連続殺人事件解決の手柄を独り占めにしていた。一方、ジグソウことジョンの元妻ジルは弁護士から手渡された遺品の木箱を開けて驚愕する。そして、密室に監禁され、首輪で繋がれた5人の男女に新たなゲームの開始が告げられるのだった…。


解説

ついに5作目を迎えた大ヒット・スリラーシリーズ。今作は、『ソウ2』からプロダクション・デザインを担ってきたデイヴィッド・ハックルが初めてのメガホンをとり、これまで巧妙にずらされていた時間軸を整理し、ある意味、仕切り直しの様相を呈している。が、「殺人ではなく、更生のチャンスを与えている」とゲームの哲学を主張するジグソウが、ジルに託した遺言と遺品の中身は何なのかという新たな謎が提示される。さらには、ストラムがジグソウの後継者とにらむホフマンの抱える苦悩も明かされ、新たなゲームの展開を期待せずにはいられなくなる。脚本は前作に引き続きマーカス・ダンスタンとパトリック・メルトンのコンビ。


配給アスミック・エース エンタテインメント
制作国アメリカ (2008)
ジャンルホラー 
公式サイト公式サイトはこちら

2008年11月28日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
プロデューサー
撮影監督
プロダクション・デザイン
音楽
編集
衣装デザイン
キャスティング
字幕

キャスト

俳優名役名
トビン・ベル (Tobin Bell)Jigsaw / John (ジグソウ/ジョン)
コスタス・マンディラー (Costas Mandylor)Hoffman (ホフマン刑事)
スコット・パターソン (Scott Patterson)Agent Strahm (ストラム捜査官)
ベッツィ・ラッセル (Betsy Russell)Jill (ジル・タック)
マーク・ロルストン (Mark Rolston)Erickson (エリクソン)
カルロ・ロータ (Carlo Rota)Charles (チャールズ)
ジェリー・ペンス (Julie Benz)Brit (ブリット)
グレッグ・ブリック (Greg Bryk)Mallick (マリック)
ローラ・ゴードン (Laura Gordon)Ashley (アシュレイ)
ミーガン・グッド (Meagan Good)Luba (ルーバ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック