サスペリア・テルザ 最後の魔女

ホラーの巨匠ダリオ・アルジェント渾身の、魔女三部作完結編

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

サスペリア・テルザ 最後の魔女

ローマの古代美術博物館で考古学の研究をするサラは、副館長のジゼルと共に、館長で恋人のマイケルの元に届いた遺品入れを開けてしまう。そこには邪悪な魔女“涙の母”を復活させる法衣が納められていた。呪縛を解かれた魔女はジゼルを惨殺し、ローマ中に呪いを放つ。さらに遺品入れの秘密を知るサラやマイケルにも魔手を伸ばし、マイケルの一人息子のポールを誘拐。愛息を探すうちマイケルも魔女の手に落ちてしまい…。


解説

ホラー界のマエストロ、ダリオ・アルジェントによるサスペンス・ホラーにして、カルトな人気を誇る『サスペリア』『インフェルノ』に続く魔女3部作の完結編。白魔女の血を引く女性・サラがローマを混乱に陥れた魔女“涙の母”に追われ、やがて対決していく姿を極上の恐怖と共に描く。散りばめられたスプラッタ描写の数々には直感的な恐怖を感じさせられるものの、同時にそこから幻想的な美をも味わう事ができる。一方独特の色使いで評価されていた前2作とは異なり、本作は現実的な色使いとなった。その分、映し出される血の赤が鮮烈だ。主演は監督の愛娘アーシア・アルジェントが務め、邪悪な魔女と戦う女性を体当たりで演じている。


配給キングレコード、iae
制作国イタリア=アメリカ (2007)
ジャンルホラー スリラー/サスペンス
公式サイト公式サイトはこちら

2009年04月25日よりシアターN渋谷ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
プロデューサー
顧問プロデューサー
撮影監督
プロダクション・デザイン
音楽
編集
衣装デザイン
プロダクション・スーパーバイザー
特殊効果スーパーバイザー
特殊メイク

キャスト

俳優名役名
アーシア・アルジェント (Asia Argento)Sarah Mandy (サラ・マンディ)
クリスティアン・ソリメーノ (Cristian Solimeno)Detective Enzo Marchi (エンゾ・マルキ刑事)
アダム・ジェームズ (Adam James)Michael Pierce (博物館館長マイケル)
モラン・アティアス (Moran Atias)Mater Lachrymarum (魔女“涙の母”)
ヴァレリア・カヴァーリ (Valeria Cavalli)Marta Colussi (降霊師 マルタ・コルッシ)
フィリップ・ルロワ (Philippe Leroy)Guglielmo De Witt (錬金術師 デ・ウィット)
ダリア・ニコロディ (Daria Nicolodi)Elisa Mandy (サラの母 エリザ)
コラリーナ・カタルディ・タッソーニ (Coralina Cataldi-Tassoni)Giselle Mares (副館長 ジセル)
ウド・キアー (Udo Kier)Father Johannes (ヨハネス神父)
イチカワ・ジュン (Jun Ichikawa)Katerina (魔女 カテリーナ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック