火天の城

安土城建築に挑んだ男たちの、真実のドラマを描く

上映スケジュールはコチラ!
火天の城
火天の城
火天の城

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

火天の城

天正4年(1576年)、長篠の戦いで勝った織田信長は、琵琶湖を臨む安土の地に巨大な城を築くべく、信長が見込んだ熱田の宮番匠・岡部又右衛門に命じる。又右衛門は即座に引き受けるが、建設を指揮する総棟梁は、名だたる番匠たちとの図面争いで決めるという。夢のような仕事を前に、寝食を惜しんで図面作りに没頭する又衛右門を、妻の田鶴、娘の凛らが支えるが、空前の巨大建築の完成には多くの困難が待ち受けていた…。


解説

五層七階の楼閣、日本で初めて天主を有し、その部材だけでも40000点。主柱は樹齢2000年の神木を使用――戦国ブームの昨今、前代未聞の“城郭要塞”安土城のファンは多い。本作は第11回松本清張賞を受賞した山本兼一の同名小説を基に、織田信長の構想にほれ込み、前代未聞の城郭要塞・安土城の築城に携わった天才宮大工・岡部又右衛門の生き様を描く時代劇。『釣りバカ日誌』シリーズなどでお馴染みの西田敏行が岡部又右衛門を熱演する。城作りのダイナミズムを、壮大なスケールでとらえた映像は圧巻の一言だが、名工の業績にスポットを当てつつも、その裏にいた無名の男たち女たちのドラマを描き出しているところにも注目してほしい。


配給東映
制作国日本 (2009)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2009年09月12日より丸の内TOEI1ほか全国東映系にて



スタッフ

監督
スーパーバイザー
脚本
原作
製作総指揮
ゼネラルプロデューサー
プロデューサー
撮影
美術監督
美術
音楽
録音
照明
編集
ライン・プロデューサー
アシスタントプロデューサー
助監督
スクリプター
俳優担当
デジタル担当
VFXスーパーバイザー

キャスト

俳優名役名
西田敏行 (Toshiyuki Nishida)岡部又右衛門 (オカベマタエモン)
椎名桔平 (Kippei Shiina)織田信長 (オダノブナガ)
大竹しのぶ岡部田鶴 (オカベタヅル)
福田沙紀 (Fukuda Saki)岡部凛 (オカベリン)
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)池上五郎右衛門 (イケガミゴロウエモン)
内田朝陽 (Asahi Uchida)中井孫太夫 (ナカイマゴダユウ)
夏八木勲 (Isao Natsuyagi)戸波清兵衛 (トナミキヨベエ)
西岡徳馬 (Tokuma Nishioka)丹羽長秀 (ニワナガヒデ)
渡辺いっけい (Ikkei Watanabe)木村次郎左衛門 (キムラジロウザエモン)
田口浩正 (Hiromasa Taguchi)中川左内 (ナカガワサナイ)
河本準一羽柴秀吉 (ハシバヒデヨシ)
遠藤章造堺の豪商 (サカイノゴウショウ)
笹野高史 (Takashi Sasano)木曾義昌 (キソヨシマサ)
緒形直人 (Naoto Ogata)大庄屋甚兵衛 (オオジョウヤジンベエ)
上田耕一 (Koichi Ueda)弥吉 (ヤキチ)
寺島進 (Susumu Terashima)平次 (ヘイジ)
熊谷真実ふさ (フサ)
石田卓也 (Takuya Ishida)市造 (イチゾウ)
山本太郎 (Taro Yamamoto)熊蔵 (クマゾウ)
前田健成留吉 (トメキチ)
ペ・ジョンミョン (Pe Jyonmyon)太助 (タスケ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック