嘆きのテレーズ

「愛人ジュリエット」のマルセル・カルネが1952年に監督した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

リヨンの裏町でラカン生地店の主婦になったテレーズは、病弱なくせに傲慢な夫カミイユ、息子を溺愛するだけの姑ラカン夫人にはさまれて、冷たく暗い毎日を送っていた。貨物駅に勤めるカミイユは或日イタリア人のトラック運転手ローランと知り合い、意気投合して家に連れて来た。逞ましく若々しいこの男の魅力にテレーズはみるみる惹かれ、ローランもまた彼女を思いつめて駆落ちを迫るに至った。危険な、あわただしい逢びきが重なり、二人はカミイユに真相をつげて離婚を承諾させよぅとしたが、夫は哀願と脅迫をくりかえして妻をパリの親類に閉じこめてしまおうと図った。


解説

「愛人ジュリエット」のマルセル・カルネが1952年に監督した作品で、昨年ヴェニス映画祭に出品され、銀獅子賞を獲得した。原作はエミール・ゾラの『テレーズ・ラカン』。カルネと「裁きは終わりぬ」のシャルル・スパークが脚色し、スパークが台詞を担当した。撮影は「七つの大罪」のロジェ・ユベール、音楽は「めぐりあい」のモーリス・ティリエ。シモーヌ・シニョレ(「肉体の冠」)のテレーズを中心に、「オリーヴの下に平和はない」のラフ・ヴァローネ、「巴里の空の下セーヌは流れる」のシルヴィー、「肉体の冠」のローラン・ルザッフル、舞台出のジャク・デュビイらが共演。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国フランス (1952)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
台詞
撮影
セット
音楽

キャスト

俳優名役名
シモーヌ・シニョレ (Simone Signoret)Therese Raquin
ラフ・ヴァローネ (Raf Vallone)Laurent
ジャック・デュビー (Jacques Duby)Camille
ローラン・ルザッフル (Roland Lesaffre)The Sailor
シルヴィー (Sylvie)Mme. Raquin
マリア・ピア・カジリオ (Maria Pia Casilio)Georgette
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック