ウェディング・ベルを鳴らせ! PG-12

これがクストリッツァ式結婚狂騒曲!!

上映スケジュールはコチラ!
ウェディング・ベルを鳴らせ!
ウェディング・ベルを鳴らせ!
ウェディング・ベルを鳴らせ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ウェディング・ベルを鳴らせ!

小さな村で祖父のジヴォインと2人暮らしの少年ツァーネは、ある日、祖父から3つの約束を果たしに町へ行くように言われ、牛のツヴェトカを連れて旅立つ。その約束とは、ツヴェトカを売った金で聖ニコラスのイコンとお土産を買い、そして花嫁を連れ帰ることだった。初めての都会は何もかもが珍しく、戸惑うことばかり。そんな中、美少女ヤスナに一目惚れしたツァーネだったが、マフィアの一味に行く手を阻まれてしまう。


解説

とことん荒っぽく、エロチックで生命力に溢れたラブ・コメディである。チャーミングかつ濃厚な登場人物のオンパレードに度肝を抜かれ、出だしこそ、あまりのベタな笑いに唖然とさせられるが、物語の進行とともにドタバタ喜劇のパワーに引き込まれてしまう。これが二度のカンヌ映画祭パルムドールに輝く世界が認める映画作家クストリッツァの底力なのだろう。日本の昔話にあるようなシンプルな物語を目指したということで、ベースになっているのは古典的な求愛劇だが、もちろん毒気もたっぷり注がれている。資本主義やグローバリズムの波に呑み込まれつつあるディープなヨーロッパの現状をも蹴散らし笑い飛ばすしぶとさが痛快だ。


配給デスペラード、日活
制作国セルビア共和国=フランス (2007)
ジャンルコメディ ラブ・ストーリー
公式サイト公式サイトはこちら

2009年04月25日よりシネマライズほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
原案
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ウロシュ・ミロヴァノヴィッチ (Uros Milovanovic)Tsane (ツァーネ)
マリヤ・ペトロニイェヴィッチ (Marija Petronijevic)Jasna (ヤスナ)
アレクサンダル・ベルチェック (Aleksandar Bercek)Zivojin Markovic-Grandpa (ジヴォイン・マルコヴィッチ(祖父))
ミキ・マノイロヴィッチ (Miki Manojlovic)Bajo-The Boss (バヨ(マフィアのボス))
リリャナ・ブラゴイェヴィッチ (Ljiljana Blagojevic)Bosa (ボサ)
イワン・マクシモヴィッチ (Ivan Maksimovic)Inspector (役人)
コサンカ・ジェーキッチ (Kosanka Djekic)Jasna's Mother (ヤスナの母)
ストリボル・クリストリッツァ (Stribor Kusturica)Topuz (トプズ)
ヴラダン・ミロイェヴィッチ (Vladan Milojevic)Runjo (ルーニョ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック