紀ノ川

「暖春」の中村登が監督した文芸もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

◇第一話・花の巻・明治32年、22歳の春を迎えた紀本花は紀州有功村六十谷の旧家真谷家に嫁いだ。夫敬策は24歳の若さで村長の要職にあった。婚儀は盛大なものだったが、花を好いていた敬策の弟浩策はうかぬ顔たった。翌年の春、ようやく真谷家の家風に慣れた花は妊った。そして花は、実家の祖母豊乃に教えられて慈尊院へ自分の乳房形を献上し、安産を祈った。◇第二話・文緒の巻・十七歳の文緒は和歌山高女に学び、新時代に敏感な少女に成長した。そして、新思想の教師が追放されると学校当局と派手に渡りあったりして花を嘆かせた。東京女子大に進学した後も、男女平等を標榜しカフェに出入りしたり、「女権」という同人雑誌の編集に参加したりして敬策や花を心配させた。文緒には真谷家という家門や昔風の美徳に生きる花に対する反撥があったのだ。卒業後文緒は同人仲間の晴海英二と結婚した。


解説

有吉佐和子原作の同名小説を「天国と地獄」の久板栄二郎が脚色、「暖春」の中村登が監督した文芸もの。撮影はコンビの成島東一郎。 (作品資料より)


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
制作補
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
司葉子 (Tsukasa Yoko)
岩下志麻 (Iwashita Shima)文緒
有川由紀華子
東山千栄子豊乃
田村高廣 (Takahiro Tamura)真谷敬策
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)真谷浩策
野々村潔信貴
中野誠也政一郎
北林早苗歌絵
永田靖太兵衛
村瀬幸子ヤス
柳沢真一加納田
沢村貞子
志賀真津子
岸旗江
菅原通済田崎
穂積隆信石田
菅原文太 (Bunta Sugawara)教官
岩本多代ウメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック