20世紀少年<最終章>ぼくらの旗

世紀のプロジェクト、ついに完結! “ともだち”の正体が明かされた時、ケンヂ、カンナ、オッチョらは…!?

上映スケジュールはコチラ!
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗

「世界大統領」となった“ともだち”が、世界を支配する“ともだち歴3年”(西暦2017年)。殺人ウイルスが蔓延した東京はそびえたつ壁に包囲され、都民の行動は完全に制限されていた。そして“ともだち”は「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じるものだけが救われる」と声明を発表。それは、その日時に新たな殺人ウイルスがばらまかれることを意味していた…。一方、ヨシツネ率いる反政府組織“ゲンジ一派”、武装蜂起を訴えるカンナ率いる強硬派“氷の女王一派”、そしてユキジとオッチョらは、それぞれ人類滅亡を回避する方法を水面下で模索していた。


解説

総製作費60億円、300名を超えるオールスターキャスト、1年間におよぶ長期撮影と、すべてがこれまでの邦画のスケールを突き破った世紀のプロジェクトが、遂に完結する。“血のおおみそか”事件から、ケンヂはなぜ行方不明だったのか? キーパーソンとなるケンヂの姉・キリコは、今どこで何を? そして“ともだち”とは、いったい誰なのか…!? すべての謎が矢継ぎ早に明かされ、第1章から積み重ねられてきたエピソードが次々と繋がっていく。特にこれまでの大芝居のカラクリがあばかれ、メッキがはがれると同時に明らかになっていく“ともだち”の素顔は見どころだ。ハリウッド映画にありがちな単純な勧善懲悪で、ただ“ともだち”を断罪するのではなく、ケンヂ、オッチョらが彼と向き合うラストも深みがあり、切ない。またエンドロール後に10分間のスペシャル映像があるので、絶対に最後まで席を立たないで!


配給東宝
制作国日本 (2009)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2009年08月29日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国東宝系にて



スタッフ

監督
脚本
原作
製作指揮
エグゼクティブプロデューサー
企画
プロデューサー
撮影
美術
音楽
主題曲/主題歌
録音
照明
編集
ライン・プロデューサー
助監督
スタント・コーディネーター
SFX/VFXスーパーバイザー
VFXディレクター
製作担当

キャスト

俳優名役名
唐沢寿明 (Toshiaki Karasawa)ケンヂ (ケンヂ)
豊川悦司 (Etsushi Toyokawa)オッチョ (オッチョ)
常盤貴子 (Tokiwa Takako)ユキジ (ユキジ)
香川照之 (Teruyuki Kagawa)ヨシツネ (ヨシツネ)
平愛梨 (Airi Taira)カンナ (カンナ)
藤木直人 (Naohito Fujiki)蝶野 (チョウノ)
石塚英彦マルオ (マルオ)
宮迫博之 (Hiroyuki Miyasako)ケロヨン (ケロヨン)
佐々木蔵之介 (Kuranosuke Sasaki)フクベエ (フクベエ)
山寺宏一コンチ (コンチ)
高橋幸宏ビリー (ビリー)
佐野史郎 (Shiro Sano)ヤン坊/マー坊 (ヤンボウ/マーボウ)
森山未來 (Mirai Moriyama)角田 (カクタ)
古田新太 (Arata Furuta)春波夫 (ハルナミオ)
小池栄子 (Eiko Koike)高須 (タカス)
木南晴夏 (Kinami Haruka)小泉響子 (コイズミキョウコ)
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)万丈目胤舟 (マンジョウメインシュウ)
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)神様 (カミサマ)
黒木瞳 (Kuroki Hitomi)キリコ (キリコ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック