太陽への脱出

舛田利雄が監督したアクションもの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

社会部記者佐伯は、動乱の東南アジアに日本製武器が流れているという黒い噂を調査するため、現地バンコックへとんだ。そこでまず、一年前に失踪したという貝塚製作所の社員杉浦と速水の行方をつきとめ、思いもよらぬ武器密輸の舞台裏を聞くことが出来た。貝塚は秘かに武器を作ってバンコック駐在の速水、杉浦の手を経て南北ベトナムに捌いていたが、当局の追及が迫って地下に潜り、発覚を恐れて二人を祖国から抹殺、帰国出来ないよう暗殺者に監視させているというのだ。速水は相変らず拳銃を身につけて危険な“死の商人”を続けていたが、杉浦は絶望からひどいアル中になっていた。その夜、佐伯の説得によって杉浦は帰国を決心するが、速水は黙って去った。


解説

「何か面白いことないか」の山田信夫と「波止場の賭博師」の山崎巌が共同で脚本を執筆、「花と竜(1962)」の舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は「泥だらけの純情(1963)」の山崎善弘。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
石原裕次郎 (Yujiro Ishihara)速水志郎
岩崎加根子楊愛蓮
二谷英明 (Hideaki Nitani)佐伯正平
梅野泰靖杉浦利明
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)小川作次
田中明夫呉山
南田洋子 (Yoko Minamida)杉浦秋子
峰三平チコ
高品格ダンロム警部
プラティンサイエン刑事
宇野重吉 (Jukichi Uno)社会部デスク
香月美奈子コーラン
内藤武敏野党代議士
弘松三郎大臣
江角英明第三貿易社員
加原武門ベトナムの青年A
宮原徳平ベトナムの青年B
木島一郎ベトナムの青年C
市村博ベトナムの青年D
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック