ロボゲイシャ PG-12

『片腕マシンガール』の井口昇監督が放つ、前代未聞・絢爛豪華なアクション・エンターテインメント!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ロボゲイシャ

冴えない少女・ヨシエは美しい芸者の姉・菊奴に嫌われ悲しい日々を過ごしていたが、あくる日、影野製鉄の御曹司・ヒカルに秘めた戦闘能力を見込まれ、姉妹で組織に放り込まれてしまう。そこで肉体を機械化され、優秀な暗殺ロボットとして急成長する2人。ある時、殺人の依頼を受けていつものように出かけたヨシエだったが、その対象が組織に拉致された娘たちの親兄弟が作る被害者の会であったことがわかり、激しく動揺する。娘が組織の中にいるというキヌや組織に恨みを持つ金井たちと触れ合うことにより、ヨシエは改造された身体の中に、家族の温もりを取り戻していく。そして組織の陰謀を知ったヨシエは、被害者の会のメンバーたちと影野製鉄に乗り込み、天狗軍とヒカルおよび組織に戦いを挑むが…。


解説

2008年、アメリカから逆輸入されてセンセーショナルな話題を振りまき、劇場公開&DVDが大ヒットを記録した『片腕マシンガール』。その監督である奇才・井口昇が放つ、芸者スタイルの暗殺マシン“ロボゲイシャ”が様ざまな困難と葛藤を乗り越え悪を斬る、絢爛豪華なアクション・エンターテインメント。主演のロボゲイシャ・ヨシエを演じるのは、ポスト若槻千夏との呼び声高い日テレジェニックのくびれ女王・木口亜矢。端正な顔とキュートな声で、地味な付き人が殺人マシーンに変貌する様を生き生きと演じている。ヨシエの姉役、人気芸者の菊奴には、TVCMや映画『ハッピーフライト』、TBS「王様のブランチ」などで活躍する長谷部瞳。木口亜矢とともに激しいアクションと脚線美で見る者を魅了する。(作品資料より)


配給角川映画
制作国日本 (2009)
ジャンルアクション 
公式サイト公式サイトはこちら

2009年10月03日よりシアターN渋谷にて



スタッフ

監督
脚本
主題曲/主題歌
特殊造形監督
VFX監督

キャスト

俳優名役名
木口亜矢春日ヨシエ (カスガヨシエ)
長谷部瞳春日キクエ/菊奴 (カスガキクエ/キクヤッコ)
生田悦子キヌ (キヌ)
竹中直人 (Naoto Takenaka)金井老人 (カナイロウジン)
志垣太郎影野拳山 (カゲヤマケンザン)
斎藤工 (Takumi Saito)影野ヒカル (カゲノヒカル)
松尾スズキ豪徳寺鉄馬 (ゴウトクジテツマ)
熊切あさ美 (Asami Kumakiri)
中原翔子
亜紗美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック