シャーロック・ホームズ

誰もが知っている“史上最高の名探偵”を、スタイリッシュに、大胆に実写映画化!!

上映スケジュールはコチラ!
シャーロック・ホームズ
シャーロック・ホームズ
シャーロック・ホームズ

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

シャーロック・ホームズ

あらゆる悪がはびこる、19世紀末のロンドン。不気味な儀式を思わせる手口で、若い女性が次々と殺害される怪事件が勃発する。名探偵シャーロック・ホームズはたちまち犯人を突き止め、邪悪な黒魔術を操るブラックウッド卿を捕まえる。だが彼は、処刑されても自分は復活する、とホームズに宣言。やがて予言通り、死刑に処されたブラックウッドが、墓場から甦ってしまう。前代未聞の大事件に人々がパニックに陥る中、ホームズだけは史上最大の謎に挑めることに胸を躍らせていた…。


解説

『アイアンマン』をスマッシュヒットに導いたロバート・ダウニー・Jrが、 “史上最高の名探偵”シャーロック・ホームズに扮したエンターテインメント作。ガイ・リッチー監督とロバート・ダウニー・Jrは、ホームズの超人的な観察力、記憶力、推理力という最高の頭脳に加え、意外と知られていない“熟練した武術家”という一面をクローズアップ。頭脳派ホームズならではの、緻密でスキのないファイトシーンをはじめ、アクション的な名場面も盛りだくさんだ。またタイトルロールのホームズに、勝るとも劣らない存在感を見せつけるのが、おなじみの相棒・ワトソン医師を演じたジュード・ロウだ。頭は最高に切れるが、時に暴走気味のホームズを唯一コントロールできる、スマートなワトソンを生み出した。性格は正反対だが、固い絆で結ばれた2人の友情も見どころだ。


配給ワーナー・ブラザース映画
制作国イギリス (2009)
ジャンルドラマ アドベンチャー
公式サイト公式サイトはこちら

2010年03月12日より丸の内ルーブルほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原案
製作総指揮
製作
共同製作
キャラクター創造
撮影
プロダクション・デザイン
音楽
編集
衣装デザイン
VFXスーパーバイザー
VFXプロデューサー

キャスト

俳優名役名
ロバート・ダウニー・Jr. (Robert Downey Jr.)Sherlock Holmes (シャーロック・ホームズ)
ジュード・ロウ (Jude Law)Dr. John Watson (ワトソン博士)
レイチェル・マクアダムス (Rachel McAdams)Irene Adler (アイリーン・アドラー)
マーク・ストロング (Mark Strong)Lord Blackwood (ブラックウッド卿)
ケリー・ライリー (Kelly Reilly)Mary Morstan (メアリー・モースタン)
エディ・マーサン (Eddie Marsan)Inspector Lestrade (レストレイド査閲官)
ジェームズ・フォックス (James Fox)Sir Thomas (トーマス卿)
ハンス・マセソン (Hans Matheson)Lord Coward (カワード卿)
ウィリアム・ホープ (William Hope)Constable Clark (巡査.)
ブロナー・ギャラガー (Bronagh Gallagher)Palm Reader (手相見)
ジェラルディン・ジェイムズ (Geraldine James)Mrs. Hudson (ハドソン夫人)
テリー・タプリン (Terry Taplin)Groundskeeper (球場管理人)
ウィリアム・ヒューストン (William Houston)Constable Clark (巡査.)
デヴィッド・ギャリック (David Garrick)McMurdo (マックマード)
ジェイムズ・A・スティーヴンス (James A. Stephens)Captain Philips (フィリップス大佐)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック