七瀬ふたたび

筒井康隆原作による、追い詰められていく超能力者たちを描いたSF小説の金字塔の映画化

上映スケジュールはコチラ!
七瀬ふたたび
七瀬ふたたび
七瀬ふたたび

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

七瀬ふたたび

人の心を読むことができるテレパスの七瀬は、同じ能力を持つ少年ノリオ、念動力を持つ黒人青年ヘンリーの3人と、北海道で暮らしていた。ある日、外国から戻った七瀬は、謎の組織に狙撃される。追っ手から逃れた七瀬に、かつて列車で出会った予知能力を持つ了が、危険が迫っていることを促す。しかし、七瀬の友人が身代わりとなって殺されてしまう。七瀬も組織の特殊部隊に追い詰められ、タイムトラベラーの藤子に助けを求めるが…。


解説

「七瀬ふたたび」は、多岐川裕美が七瀬を演じた1979年のNHK少年ドラマシリーズをはじめ、テレビでは4回もドラマ化されている。“迫害される超能力者たち”という設定は『Xメン』シリーズでもおなじみだが、本作にはハリウッド映画のような派手な超能力バトルはほとんどない。攻撃的な力を持つのが念動力を持つヘンリーだけで、しかも七瀬がいないと力を発揮できないのだ。だから激しいアクションを期待すると、七瀬たちの救いの見えない逃避行に、欲求不満を感じるかもしれない。組織に追い詰められていく七瀬たちの姿は、原作が書かれた70年代を象徴しているが、原作とは異なる希望の持てるラストに変更しているのは、今の時代の空気なのだろう。


配給IMJエンタテインメント、マジックアワー
制作国日本 (2010)
ジャンルSF/ファンタジー スリラー/サスペンス

2010年10月02日よりシネ・リーブル池袋、シアターN渋谷ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
主題歌
サウンドデザイン
照明
編集
衣装
ヘアメイク
キャスティング
アソシエイト・プロデューサー
助監督
スクリプター
スチール
特殊視覚効果

キャスト

俳優名役名
芦名星 (Sei Ashina)火田七瀬 (ヒタナナセ)
佐藤江梨子 (Sato Eriko)漁藤子 (スナドリフジコ)
田中圭 (Kei Tanaka)岩淵了 (イワブチリョウ)
前田愛 (Maeda Ai)真弓瑠璃 (マユミルリ)
ダンテ・カーヴァー (Dante Carver)ヘンリー・フリーマン (ヘンリー・フリーマン)
今井悠貴山沢ノリオ (ヤマサワノリオ)
河原雅彦景浦 (カゲウラ)
池田成志 (Narushi Ikeda)
大杉漣 (Ren Osugi)
平泉成 (Sei Hiraizumi)山木義男 (ヤマキヨシオ)
吉田栄作 (Eisaku Yoshida)狩谷 (カリヤ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック