あらくれ('57)

日本自然主義文学の代表者、徳田秋声が大正四年発表した同名の原作より水木洋子が脚色、成瀬巳喜男が監督した文芸篇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

お島は庄屋の娘だが、子供の時から農家に貰われ、結婚話をいやがって東京に逃げ出して来た。植源の世話で神田にある罐詰屋の若主人鶴さんの後妻になるが、女出入のはげしい主人と、気の強いお島との間には悶着がたえない。遂に腕力沙汰の大喧嘩の果て彼女は腹の児を流して家を出た。落着いたのは、草深い寒村の旅館浜屋。そこの女中となったのである…。


解説

撮影は「大安吉日」の玉井正夫。主演は「雲の墓標より 空ゆかば」の高峰秀子、「花は嘆かず(1957)」の上原謙、「人間魚雷出撃す」の森雅之、「雪国(1957)」の加東大介、「多情仏心」の三浦光子。ほかに東野英治郎、岸輝子、宮口精二、志村喬、丹阿弥谷津子、仲代達矢など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1957)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
風俗考証
スチール

キャスト

俳優名役名
高峰秀子 (Takamine Hideko)お島
上原謙鶴さん
森雅之 (Masayuki Mori)浜屋
加東大介小野田
東野英治郎 (Eijiro Tono)お島の父
岸輝子お島の母
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)お島の兄・壮太郎
中北千枝子お島の姉・おすず
坂本武お島の養父・喜助
本間文子 (Noriko Honma)お島の養母・おとら
谷晃作太郎
林幹植源の隠居
田中春男植源の隠居の息子・房吉
三浦光子 (Mitsuko Miura)おゆう
千石規子 (Noriko Sengoku)浜屋の妻・お君
中村葉子浜屋の子供・絹子
平兮淳司浜屋の子供・正夫
横山運平浜屋の爺さん
志村喬精米所の主人
清川玉枝おしん
中村是好温泉宿の主人
音羽久米子温泉宿の主人のお上さん・さと
沢村貞子お島の伯母
高堂国典 (Kuninori Kodo)小野田の父・金七
賀原夏子印刷屋のお上さん・おとく
丹阿弥谷津子 (Yatsuko Tanami)お花の師匠
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)木村
出雲八重子髪結
三浦常男小僧順吉
左卜全駄菓子屋のお爺さん
馬野都留子駄菓子屋のお婆さん
佐田豊芝の店の職人
大村千吉根津の店の職人
沢村いき雄学校の門番
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック