華の乱

大正時代、愛に芸術に社会運動に情熱を燃やした人々の姿を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

晶子は若き日に親兄弟を捨てて歌の師である与謝野寛と結ばれた。大正12年、晶子も39歳になり、11人の子持ち。夫はウツ病がひどかった。晶子は「明星」に発表した詩が称賛とともに非難を浴び、世間に知られるところとなった。そんな時作家の有島武郎と知り合い、ときめきを覚えた晶子は家族ぐるみのつき合いをするようになった。


解説

永畑道子原作の小説『華の乱』『夢のかけ橋』の映画化で、脚本は「必殺4 恨みはらします」の深作欣二、「紫式部 源氏物語」の筒井ともみ、「ウェルター」の神波史男が共同で執筆。監督は深作、撮影は「花園の迷宮」の木村大作がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1988)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
プロデューサー
撮影
美術
音楽
音楽プロデューサー
挿入歌
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)与謝野晶子
松田優作 (Yusaku Matsuda)有島武郎
池上季実子 (Ikegami Kimiko)波多野秋子
石田えり (Eri_Ishida)伊藤野枝
中田喜子山川登美子
西川峰子林滝野
斉藤絵里深尾奈津子
三條美紀有島の母
谷本小夜子きよ
野口貴史足立
中村錦司山川
鈴木喜勝北原白秋
砂川真吾石川啄木
鈴川法子増田雅子
田辺ひとみ玉野花子
松坂慶子 (Matsuzaka Keiko)松井須磨子
山下和哉与謝野繁
加賀谷礼奈与謝野七重
森奈緒美与謝野八重
馬渕英明与謝野英
大熊敏志与謝野悟
北村由紀与謝野弥生
嶋田博子与謝野皐月
浅尾和憲有島光郎
岡雄大有島敏郎
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)沢田正二郎
内藤剛志 (Takeshi Naito)和田久太郎
蟹江敬三 (Keizo Kanie)島村抱月
成田三樹夫波多野春房
風間杜夫 (Morio Kazama)大杉栄
緒形拳 (Ken Ogata)与謝野寛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック