浪人街(’57)

剣の魅力の真髄を描いた山上伊太郎原作の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

人出に賑う浅草で浪人赤牛弥五右衛門は、通り合せた旗本愚連隊小幡伝太夫、弟七郎右門らと衝突したが、土地の用心棒母衣権兵衛の出現でおさまり、その夜居酒屋で浪人荒牧源内と大喧嘩を始めたが再び権兵衛の手で落着する。源内は巾着切りの女房お新に貢がせて放蕩している。赤牛の住む長屋には土居孫八郎という一徹の浪人が帰参を夢みて妹おぶんと暮しているが、帰参に必要な若殿拝領の短刀まで手離す。世をすねた彼は、小幡兄弟の暴力にさらされたおぶんを訳もさかず叩き出してしまう。


解説

村上元三と「純情部隊」のマキノ雅弘が共同脚色、同じくマキノ雅弘が監督する剣と情艶の波乱篇。撮影は「おしどりの間」の三村明。主な出演者は、「まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊」の近衛十四郎、「大番」の河津清三郎、「海の三等兵」の藤田進、ほかに北上弥太朗、水原真知子、山鳩くるみ、高峰三枝子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1957)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
近衛十四郎荒牧源内
藤田進 (Susumu Fujita)母衣権兵衛
河津清三郎赤牛弥五右門
北上弥太朗土居孫八郎
清水元近江屋藤兵衛
石黒達也小幡伝太夫
龍崎一郎弟七郎右門
本郷秀雄岡つ引左吉
森健二岡つ引金五郎
水原真知子お新
山鳩くるみおぶん
中島淑恵おまさ
高峰三枝子小芳
野上千鶴子水茶屋お仙
丘寵児居酒屋亭主
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック