劇場版“文学少女”

超人気ライトノベルが遂に劇場アニメ化!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

劇場版“文学少女”

入学したばかりの新入生・井上心葉は、白い花を満開に咲かせた、大きな木蓮の木の下で本を読んでいる女生徒を見つける。その光景に見とれていると、少女はなんと本のページを破り食べ始める。驚く心葉を、その少女、遠子は「今日からきみは文芸部に入りなさい」と強引に入部させてしまう。それから一年経ったある日、遠子の“おやつ”の為に設置した“恋愛相談ポスト”に一通の手紙が…。


解説

古今東西のあらゆる名作文学をモチーフに描かれる青春ミステリーで、「このライトノベルがすごい!2009」で第1位を獲得したほどの超人気ライトノベルが、満を持して劇場版アニメとなって登場。思春期を感じさせる少年少女たちの心の葛藤や、暗い心の記憶など、作品の持つ透明度から、映像化困難と言わしめた作品を、Production I.Gが映像化した。(作品資料より)


配給クロックワークス
制作国日本 (2010)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら

2010年05月01日よりシネ・リーブル池袋ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
演出
構成
脚本
原作
プロデューサー
絵コンテ
キャラクター原案
キャラクター・デザイン
作画監督
総作画監督
撮影監督
美術監督
デザインワークス
美術設定
音楽
音響監督
音響プロデューサー
編集
監督助手
出演(声)
色彩設計
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック