仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE

超・電王シリーズトリロジー第2弾は、大事な人との絆の大切さを教えてくれる一作

上映スケジュールはコチラ!
仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE
仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE
仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE

ターミナルで乗車チケットの盗難事件が発生した。良太郎とモモタロスは犯人であるマンティスイマジンを追い詰めるが、一瞬の油断が元で深手を負わされてしまう。助っ人として現れたのは幸太郎とテディ。しかし、オーナーは唐突に2人の契約終了を宣言。テディは期限付きで契約者を渡り歩く「派遣イマジン」だとして、テディを引き離してしまった。かつてないほどの不幸が次々と降りかかる幸太郎は、無事に任務を全うできるのか?


解説

仮面ライダーシリーズの中でも、異色の設定とクオリティの高いストーリーでファンから絶大な支持を受ける『仮面ライダー電王』。異色続きの本シリーズによる、更に異色の「超・電王」トリロジー第2弾は、良太郎の孫・幸太郎とテディを主人公としたハートウォーミングストーリーだ。いても当たり前だった存在、身近すぎて大切さを感じていなかった存在を改めて思い出させてくれる本作は、仮面ライダーなのに…と言っては失礼かもしれないが、観劇後に思わず涙が零れてしまう作品となった。お祖母ちゃん役の草村礼子がそこはかとない寂しさといじらしさを絶妙に好演。もちろん、本作のみの登場となるNEW電王の新装備や新フォームも必見だ。


配給東映
制作国日本 (2010)
ジャンルファミリー/キッズ アクション
公式サイト公式サイトはこちら

2010年06月05日より全国にて超拡大



スタッフ

監督
アクション監督
特撮監督
脚本
原作
プロデューサー
撮影
音楽
主題歌
ラインプロデューサー
アシスタントプロデューサー
助監督
出演(声)

キャスト

俳優名役名
桜田通野上幸太郎 (ノガミコウタロウ)
高山侑子上原美来
秋山莉奈ナオミ (ナオミ)
松本若菜野上愛理 (ノガミアイリ)
溝口琢矢野上良太郎 (ノガミリョウタロウ)
松元環季コハナ (コハナ)
永田彬尾崎正義 (オザキセイギ)
上野亮三浦イッセー (ミウライッセー)
草村礼子上原早苗 (ウエハラサナエ)
石丸謙二郎 (Kenjiro Ishimaru)オーナー (オーナー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック