人肌孔雀

山本富士子が男装し、唄うという娯楽時代劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

“鍵屋七回忌供養、流れ星”と記されてあった。箱根に泊った勘定奉行土岐安房守・豪商越前屋重兵衛・両国屋嘉七らの部屋で発見された髑髏の口にはさんであった紙には。同宿には、鷹司関白家の近習京極若狭之介と、旗本浪人奈須新八郎とその供下っ引の三六の三人がいた。が、犯人は判らぬ。江戸で、鳥長屋の薬売り・甚兵衛老人が安房守一味の用心棒諸岡弥十郎に斬られた。娘のみよに謎めいたことをつぶやくと死んだ。それを聞くと、旅から帰った新八郎の眼が光った。−−越前屋は若狭之介に取りいり、朝廷御用承りの許可を得た。それを利用し、安房守一味は米買占め・密貿易をはかるつもりだ。


解説

山本富士子が男装し、唄うという娯楽時代劇で、「天竜しぶき笠」を共同で執筆した松村正温のオルジナル・シナリオを、「七番目の密使」の森一生が監督した。撮影は「怪猫呪いの壁」の相坂操一。出演は「渇き」の山本富士子を筆頭に、「女狐風呂」の市川雷蔵、「白蛇小町」の梅若正二、その他近藤美恵子・河津清三郎・堺駿二・三田登喜子ら。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)おしの
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)京極若狭之介
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)染香
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)奈須新八郎
梅若正二流れ星の宗吉
近藤美恵子お銀
三田登喜子おみよ
島田竜三関白鷹司卿
月田昌也駕かき仙太
堺駿二下ッ引三六
伊沢一郎山上左内
小川虎之助跡部源左衛門
沢村宗之助越前屋重兵衛
石黒達也諸岡弥十郎
河津清三郎土岐安房守
浜世津子芸者菊次
朝雲照代おしま(老松の女将)
東良之助両国屋嘉七
南部彰三甚兵衛
水原浩一遊び人勘助
原聖四郎阿部豊後守
宮坊太郎駕かき仙太
志摩靖彦立見主水
横山文彦越前屋手代忠吉
芝田総二「蔦屋」の番頭茂吉
菊野昌代士寺小姓
大杉潤浄念院門番
安田祥郎宿場役人藤木
遠山金四郎人足土平
春日清弥十郎の門弟
桜井勇弥十郎の門弟
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック