ルンバ! PG-12

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ブリュッセル近郊の小学校。体育教師のドム(ドミニク・アベル)と英語教師のフィオナ(フィオナ・ゴードン)は共にダンス好きな夫婦で、幸せに暮らしている。週末にある近県のダンス大会では、種目がルンバのときは必ず優勝していた。ある日、いつものようにダンス大会で優勝した2人は、幸福の絶頂で車に乗り、帰路に着く。鉄道のトンネルのある道で、自殺願望の男(フィリップ・マルツ)が線路に上がったり、道路に降りたりしていた。ドムとフィオナの車は、彼を避けようとして脱線してしまう。2人は病院に運ばれるが、フィオナは左足を失い、ドムは記憶喪失になってしまう。2人は退院して学校に戻るが、おかしな授業をして、校長からクビを宣告される。フィオナはダンスの写真やトロフィーを燃やし、ドムはギターを弾きながら“シー・オブ・ラブ”を歌う。すると、フィオナの義足に火がつき、家が丸ごと焼けてしまう。朝、ドムはパンを買いに出かけるが、帰り道がわからなくなってしまう。その上ドムは、バスで乗り合わせたパン好きな暴漢(ブルーノ・ロミ)に襲われ、あの自殺願望の男ジェラールに助けられる。ドムを探していたフィオナは、1匹の犬が見つけたドムの靴を見て、彼が崖から転落して死んでしまったと思う。1年後、ドムとジェラールは海辺のドーナツ・ショップで働いていた。ジェラールは、自殺しそこねたときに拾ったかたつむりを飼っている。フィオナが海辺にやってきて、ドムへの思い出にバラの花を投げる。フィオナとドムは、再会する。


解説

幸福の絶頂から不幸のどん底に突き落とされた夫婦の愛の回復を、言葉に頼らないギャグの連発で描くコメディ。舞台の道化師で、実生活でも夫婦のドミニク・アベルとフィオナ・ゴードンが「アイスバーグ!」に引き続き、製作・監督・脚本・主演を務めた長編第2作。2008年カンヌ国際映画祭批評家週間特別招待作品。


配給フランス映画社
制作国フランス ベルギー (2008)
ジャンル 

2010年07月31日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
編集
衣装デザイン
助監督
字幕

キャスト

俳優名役名
ドミニク・アベル (Dominique Abel)Dom (ドム)
フィオナ・ゴードン (Fiona Gordon)Fiona (フィオナ)
フィリップ・マルツ (Philippe Martz)Gerard (ジェラール)
クレマン・モレル (Clement Morel)Eliot (エリオット)
ブルーノ・ロミー (Bruno Romy)Le voleur de pain au chocolat (パン強盗)
シャンタル・ロミ (Chantal Romy)Principal (校長)
ノエミ・ムーテル (Noemie Moutel)Nurse (看護婦)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック