黄金のパートナー

南太平洋の海底に十億円の金塊を積んで沈んだ旧日本海軍の潜水艦をめぐって、三人の主人公の活躍を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

フリーカメラマンの野口と白バイ警官江上はなぜかウマがあう。ある夜、野口のヨットの無線受信機が発信人不明のSOSをキャッチする。行きつけのスナックで二人が謎のモールスコードの話をしていると、氏家由紀子と名のる少女が口をはさんで来て、彼女は翌日から、野口のヨットに居候を決め込む。SOSの謎の解明に動きだした三人は、そのモールスコードは、なんと第二次大戦中の『日本帝国海軍G号暗号書』をもとにしたもので、現在の金額で十億円にのぼる金塊を積んでサイパン島沖に沈んだ潜水艦から発信されていることを、つきとめた。


解説

西村京太郎の小説『発信人は死者』の映画化で、脚本は「若い人(1977)」の長野洋、監督は「白夜の調べ」の西村潔、撮影は「岸壁の母」の市原康至がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1979)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
製作補
撮影
水中撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
作詞
作曲
製作担当
助監督
スチル

キャスト

俳優名役名
三浦友和 (Tomokazu Miura)野口浩介
藤竜也 (Tatsuya Fuji)江上周作
紺野美沙子氏家由紀子
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)「榛名」のマスター
芦田伸介神谷信博
佐藤慶 (Kei Sato)大川
日尾孝司川辺
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)山崎
中村伸郎和辻
山本麟一笹島
草野大悟駐在所の警官
川口節子ドライブインの従業員
記平佳枝神谷家の女中
金内喜久夫森明夫
吉行和子 (Kazuko Yoshiyuki)森由枝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック