血斗水滸伝 怒涛の対決

峰岸義一の『丁半』を、「独眼竜政宗」の高岩肇が脚色し、「旗本退屈男 謎の大文字」の佐々木康が監督した、オールスター出演の娯楽時代劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大利根の流れにそって対立する飯岡助五郎一家と笹川繁蔵一家の争いは、あやめ祭を機会に爆発の危機を迎えた。繁蔵一家の仕わざとみせかけて助五郎が身内にやらせた賭場荒しの下手人が、繁蔵自身の手で捕えられてしまったのだ。助五郎が役人中山にとり持とうとしていた土地の売っ妓八千草が、繁蔵一家の富五郎に助けられたこともこれに火をそそいだ。この頃、繁蔵一家に浪人の剣客平手造酒が身をよせた。助川の町で興行する娘義太夫呂月一座に助五郎が横槍を入れ、繁蔵方の佐吉がかけあいに出かけた。彼は呂月とは幼なじみだった。怒った助五郎は旅人岩松を使って佐吉を討とうとしたが、気骨のある岩松は寝がえってしまった。それで一時争いはおさまりかけた。だが、国定忠治が催した花会に助五郎は仮病で欠席した。


解説

撮影は「伊達騒動 風雲六十二万石」の三木滋人。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1959)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門笹川繁蔵
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)洲の崎の政吉
大川橋蔵雪崩の岩松
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)清滝の佐吉
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)板割の浅太郎
伏見扇太郎小天狗の美代太
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)勢力の富五郎
尾上鯉之助真田の文次
南郷京之助真田の亀太郎
星十郎青馬の権太
石井一雄 (Kazuo Ishii)羽斗の勇吉
中村時之介小南の庄介
岸田一夫百姓
堀正夫花会の客黒駒勝蔵
大丸巌日光の円蔵
津村礼司利根川の忠太郎
木南兵介花会の客秩父の勘蔵
立松晃上州の友太郎
古石孝明花会の客鈴木忠吉
梅沢昇花会の客清水の次郎長
国一太郎熊谷の半次
瀬川路三郎鬼王の辰五郎
小田部通麿大河原斉
尾上華丈 (Kajyo Onoe)本郷の留五郎
月形哲之介油田の六郎次
杉狂児羽斗の忠吉
堺駿二勝んべ
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)天作の忠太郎
美空ひばり (Misora Hibari)八千草
長谷川裕見子呂月(お静)
丘さとみお咲
大川恵子お光
雪代敬子芸妓小萩
花園ひろみ舞妓清香
円山栄子舞妓玉奴
吉野登洋子あやめ祭の見物
五条恵子あやめ祭の見物
東龍子あやめ祭の見物
吉田江利子つる屋の仲居
赤木春恵仲居
松風利栄子芸者米香
霧島八千代芸者小雪
八汐路佳子芸者久竜
松浦築枝娘義太夫の座頭
千原しのぶお滝
喜多川千鶴およし
花柳小菊お豊
原健策三浦屋孫次郎
阿部九洲男成田の甚蔵
清川荘司高神の庄太郎
明石潮大道寺平馬
高松錦之助勧進相撲の行司
有馬宏治三太
楠本健二風窓の半次
百々木直
近江雄二郎土気の安兵衛
関根永二郎広助
武田正憲又左衛門
寄久井一郎茶店の亭主
加藤浩柴山の石松
浜田伸一八木村の伊八
仁礼功太郎馬乗りの伊七
団徳麿お祭りの世話役
時田一男娘義太夫の口上
青柳竜太郎 (Ryutaro Aoyagi)戸田川徹
吉田義夫花会の客信夫の常吉
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)清水の頑鉄
徳大寺伸花会の客大町和助
加賀邦男神楽獅子の大八
大河内傳次郎夏目の新助
薄田研二干潟の庄吉
山形勲大前田の英五郎
進藤英太郎飯岡の助五郎
月形龍之介中山誠一郎
大友柳太朗平手造酒
片岡千恵蔵国定忠治
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック