風の視線

女性自身連載松本清張原作の同名小説の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

亜矢子は夫重隆との愛なき結婚にすっかりつかれ果てていた。外国に赴任している夫の留守を、視力を失った母堂總子と暮らしていた。そうした美貌の人妻亜矢子に、新進のカメラマン奈津井は憧れを持っていた。だが、彼女のすすめるままに千佳子と簡単な見合結婚をしてしまった。千佳子は亜矢子の夫重隆に誘惑されて、短かい愛の交渉をもった暗い過去があった。この結婚にはこういった暗い影があった。亜矢子は、夫の留守中に知り合った大新聞の事業部の次長久世が、心のよりどころとなりそれが愛にかわっていた。久世は、画期的な企画に敏腕をふるって業界にその名を知られていたし、若い芸術家達に絶大な信頼があった。


解説

女性自身連載松本清張原作の同名小説の映画化で「かあさん長生きしてね」のトリオ、楠田芳子が脚本を執筆、川頭義郎が監督、荒野諒一が撮影を担当した恋愛ドラマ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
園井啓介奈津井久夫
岩下志麻 (Iwashita Shima)妻千佳子
山内明竜崎重隆
新珠三千代 (Aratama Michiyo)妻亜矢子
毛利菊枝母總子
中村たつ妹啓子
佐田啓二久世俊介
奈良岡朋子 (Naraoka Tomoko)妻英子
小林トシ子山岡ミチ
松本清張作家富永弘吉
滝田裕介写真家長沖保
細川俊夫竜崎の友人土山
矢野宣編集者角谷
野々村潔編集長窪田清人
加藤嘉R紙部長
遠山文雄望洋閣の番頭
高宮敬二新聞記者山口
高木信夫刑事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック