アデュー・フィリピーヌ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1960年兵役を数ヶ月後に控えたミッシェル(ジャン=クロード・エミニ)は、勤め先のテレビ局でリリアーヌ(イヴリーヌ・セリ)とジュリエット(ステファニア・サバティーニ)という女の子と知り合う。二人の娘はミシェルに恋心を抱く。ミシェルは生中継中にヘマをしてしまい放送局を辞め、コルシカ島で早めのバカンスを楽しんでいた。そんな彼のところに、リリアーヌとジュリエットがやってくる。双子のように仲良しだったふたりの仲は、嫉妬が原因でぎくしゃくし始めて…。


解説

兵役を控えたテレビ局で働く青年と二人の少女との恋を描いた青春映画。ヌーヴェル・ヴァーグの代表監督の一人ジャック・ロジエの長編処女作。かつて日本では自主上映会で紹介されていたが、2010年1月23日より東京・ユーロスペースにて開催された「ジャック・ロジエのヴァカンス」で日本初の劇場公開。


配給アウラ
制作国フランス イタリア (1962)
ジャンル 

2010年01月23日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽
録音
編集

キャスト

俳優名役名
ジャン=クロード・エミニ (Jean-Claude Aimini)Michel (ミシェル)
イヴリーヌ・セリ (Yveline Cery)Liliane (リリアーヌ)
ステファニア・サバティーニ (Stefania Sabatini)Juliette (ジュリエット)
ヴィットリオ・カプリオーリ (Vittorio Caprioli)Pachala (パシャラ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック