ハムレット(’64)

シェークスピアの原作を「ドン・キホーテ(1957)」のグリゴーリ・コージンツェフが脚色・演出した悲劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

父君急死の報を受けて、ヨーロッパから帰国したデンマークの王子ハムレット(インノケンティ・スモクトゥノフスキー)は、母后ガートルードと王位を継いだ王弟クローディアスの結婚をきいて驚ろいた。その頃、学友のホレーショから先王の亡霊が出没する話を聞いて、自ら出かけていった。亡霊が現れて、弟に睡眠中に毒殺され王位と妃を奪われたことを語った。ハムレットは復讐を誓い、叔父を油断させるために狂気を装うことにした。ハムレットを慕うオフェリアは内大臣ポローニアスの娘である。王子の愛は気まぐれだから本気にしてはいけないと、父や兄レアチーズからいわれ、悲しみの毎日を送っていた。


解説

撮影はヨナス・グリツィウス、音楽はディミトリ・ショスタコヴィッチが担当した。出演はインノケンティ・スモクトゥノフスキー、アナスタシア・ヴェルチンスカヤ、ミハイル・ナズバーノフ、エルザ・ラジン、ユーリー・トルベーエフほか。六四年ベニス国際映画祭で審査員特別賞を受賞している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国ロシア (1964)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
撮影
音楽

キャスト

俳優名役名
インノケンティ・スモクトゥノフスキー (Innokentii Smoktunovskii)Hamlet
アナスタシア・ヴェルチンスカヤ (Anastasiya Vertinskaya)Ophelia
ミハイル・ナズバーノフ (Mikhail Nazvanov)Claudius the King
エルザ・ラジン (Elza Radzin)Gertrude The Queen
ユーリー・トルベーエフ (Yuri Tolubeyev)Polonius
Vladimir Erenbrg (Vladimir Erenbrg)Horatio
Stepan Olexenko (Stepan Olexenko)Laertes
Vadim Medvedev (Vadim Medvedev)Guildenstern
イーゴリ・ドミートリエフ (Igor Dmitriev)Rosencrantz
Aadu Krevald (Aadu Krevald)Fortinbras
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック