メアリー&マックス

海を越えて繋がれた、少女と中年男の親愛なる絆を描くクレイアニメーション

上映スケジュールはコチラ!
メアリー&マックス
メアリー&マックス
メアリー&マックス

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

メアリー&マックス

オーストラリアのメルボルンに住む8歳の少女メアリーは、いじめられっ子でひとりぼっち。ある日、アメリカに住む“誰かさん”と文通をしようと思い立ち、分厚い電話帳から風変わりな名前のマックス・ホロウィッツさんを選び出し、早速手紙を書いてみる。一方、ニューヨークに住むマックスは、44歳の中年男。人付き合いが苦手な彼もまた、孤独な日々を送っていた。そんな彼のもとに、オーストラリアから一通の手紙が届く…。


解説

権威あるアヌシー国際アニメーション映画祭で最優秀長編映画賞を受賞するなど、世界的に高い評価を得たクレイアニメーション。2004年にアカデミー賞短編アニメーション部門に輝いたアダム・エリオット監督による初の長編作品。1日にわずか4秒、完成までに4年の歳月を要したという本作は、スタッフの粘り強さと、途方もない繊細さによって生み出されたことが伝わってくる、ハイクオリティな出来栄え。デジタル・ツールがコミュニケーションの主流となった現代に、文通によって湯情や愛情を超えた人間同士の深い絆が築かれていく様子は感動的。フィリップ・シーモア・ホフマン、トニ・コレットといった個性派俳優が参加したボイスキャストも魅力のひとつ。


配給エスパース・サロウ
制作国オーストラリア (2008)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら

2011年04月23日より新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋、川崎チネチッタほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影監督
美術監督
プロダクション・デザイン
音楽
字幕
SFX/VFXスーパーバイザー
出演(声)
ナレーション
日本語版出演(声)
日本語版ナレーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック