シリアスマン PG-12

平凡な男の身に降りかかる不条理な出来事を、コーエン流のユーモアで

上映スケジュールはコチラ!
シリアスマン
シリアスマン
シリアスマン

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

シリアスマン

郊外の住宅地にマイホームを構える物理学の教授ラリーは、妻と二人の子ども、実の兄と共に暮らしていた。彼の当面の課題は、大学に終身雇用を受け入れてもらうことと、息子ダニーのユダヤの成人儀式を無事に済ますことくらいの、典型的なユダヤ人家族を支えるごく平凡な男だった。ところが、そんな彼の身に厄介なトラブルが突如降りかかり始める。学校で落第点を付けた生徒から賄賂を渡され、妻には別れ話を切り出され…。


解説

『ノーカントリー』でアカデミー賞作品賞に輝いたコーエン兄弟の新作は、次から次へと災難に見舞われる平凡な男の姿をシニカルに描いたブラック・コメディ。アメリカ中西部のユダヤ人コミュニティーの中で、大学教授の男の身のまわりに起こる不条理な小事件の数々が、コーエン流のシュールなユーモアで語られるのが最大の魅力だ。“部外者”には時に滑稽に思えるユダヤ人たちの習慣も興味深い。主演のマイケル・スタールバーグを始めとする出演陣は、みな馴染みのない顔ばかり。しかしながら、ミネソタ州出身のコーエン兄弟の自伝的要素が込められていることが想像できる本作こそ、彼らの渾身の一作と言えるかもしれない。


配給フェイス・トゥ・フェイス
制作国アメリカ (2009)
ジャンルドラマ コメディ
公式サイト公式サイトはこちら

2011年02月26日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
プロデューサー
撮影監督
プロダクション・デザイン
音楽
編集
衣装デザイン
キャスティング
字幕

キャスト

俳優名役名
マイケル・スタールバーグ (Michael Stuhlbarg)Larry Gopnik (ラリー・ゴプニック)
リチャード・カインド (Richard Kind)Uncle Arthur (アーサー伯父さん)
アダム・アーキン (Adam Arkin)Divorce Lawyer (離婚弁護士)
フレッド・メラメッド (Fred Melamed)Sy Ableman (サイ・エイブルマン)
サリ・レニック (Sari Lennick)Judith Gopnik (ジュディス・ゴプニック)
アーロン・ウルフ (Aaron Wolff)Danny Gopnik (ダニー・ゴプニック)
ジェシカ・マクマヌス (Jessica McManus)Sarah Gopnik (サラ・ゴプニック)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック