攻殻機動隊S.A.C. Solid State Society 3D

神山健治監督×プロダクション・アイジーが贈る、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズの完全3D化作品

上映スケジュールはコチラ!
攻殻機動隊S.A.C. Solid State Society 3D
攻殻機動隊S.A.C. Solid State Society 3D
攻殻機動隊S.A.C. Solid State Society 3D

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

攻殻機動隊S.A.C. Solid State Society 3D

西暦2034年。公安9課を率いていた草薙素子が去り、2年の歳月が経過していた。かつて草薙の部下であったトグサが新しく組織を率いる立場となった新生公安9課は、シアク共和国の特殊工作員によるテロ計画の捜査をはじめるが、テロ工作員たちは次々と謎の自殺を遂げる。捜査が進むにつれ一連の事件を背後で操っている存在が「傀儡廻(くぐつまわし)」と呼ばれる超ウィザード級ハッカーであることが判明する。一方、単独でテロ計画の捜査にあたるバトーは捜査中に草薙に再会する。「Solid State には近づくな」と謎の警告を残し立ち去る草薙を前に、バトーは草薙が「傀儡廻」ではないかと疑い始める。


解説

前作『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』から2年後の2034年を舞台に、新生公安9課による「傀儡廻」の追跡を描くSF・アニメーション。『東のエデン』の神山健治監督の陣頭指揮のもと、3D立体視作品として制作。(作品資料より)


配給プロダクション I.G、ティ・ジョイ
制作国日本 (2011)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら

2011年03月26日より新宿バルト9ほか全国にて



スタッフ

監督
演出
脚本
原作
絵コンテ/ストーリーボード
キャラクター・デザイン
作画監督
撮影
美術
音楽監督
音楽
編集
出演(声)
色彩設計/色指定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック