憲兵と幽霊

1928年から43年までの、ローマとパリにおけるファシズムがおこってから崩壊するまでの物語

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

田沢憲兵伍長と明子は、波島憲兵少尉の嫉妬をよそに結婚した。翌年の夏、憲兵隊から機密書類が盗まれた時、波島と腹心の部下高橋軍曹は、罪を田沢にかぶした。明子と母を拷問されて、田沢は偽りの自白を強いられ、銃殺された。射手として兄の銃殺に立会い、自分の無実と呪いの言葉を叫ぶ兄の姿をみた田沢二等兵は、復讐を誓って憲兵を志願した。波島は、国賊とののしられ、生活に苦しむ明子に毒牙をのばし、母を自殺に追いやった末、遂に彼女を征服した。浪島は、大陸における日本軍の配置図を、中国側の張覚仁に手渡すため大陸に渡ったが、途中の船中で、部屋に入ってきた高橋軍曹の顔が、亡き田沢伍長にみえて、これを軍刀で殺してしまう。


解説

戦争中内地と大陸にまたがって憲兵隊内で行われたスパイと謀殺事件をテーマとした物語。石川義寛の脚本を、「亡霊怪猫屋敷」のコンビ中川信夫が監督、西本正が撮影した。「絶海の裸女」の中山昭二、久保菜穂子、「人喰海女」の三原葉子、万里昌代、「坊ぼん罷り通る」の天知茂、それに胡美芳が特別出演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
天知茂波島憲兵中尉
中山昭二田沢憲兵伍長(兄)
中山昭二田沢二等兵(弟)
宮田文子田沢しず
久保菜穂子田沢明子
芝田新張覚仁
三原葉子紅蘭
万里昌代踊り子
胡美芳歌手
中村彰小森憲兵中佐
三村俊夫高橋憲兵軍曹
坂根正吾赤堀上等兵
村山京司飯田兵長
高村洋三吉村上等兵
宮浩一渡辺二等兵
晴海勇三佐野一等兵
国創典金成日
原聖二陳文明
高松政雄津山部長
岡竜弘吉野課長
千曲みどり女事務員A
斎藤千弥子女事務員B
辻裕子女事務員C
山田長正重役タイプの男
倉橋宏明東洋堂の店主
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック