五月のミル

1968年5月、フランスの田舎の家に集まってきたブルジョワ一家の数日間の騒動を描く人間ドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1968年5月、南仏ジェールのヴューザック家。当主の夫人が死に、長男のミルは彼女の死を兄弟や娘たちに伝える。時は五月革命のさ中。駆けつけたミルの娘カミーユと彼女の子供たち、姪のクレールとその女友達マリー・ロール、弟のジョルジュと彼の後妻リリーたちの話題といえば、革命のことと遺産分配のことばかり。家を売ろうというカミーユとジョルジュに、ミルは怒りを爆発させる。そんな折、公証人ダニエルの読みあげる夫人の遺書の中に、手伝いのアデルが相続人に含まれていると知った一同は驚いた。


解説

エグゼクティヴ・プロデューサーはヴァンサン・マル、製作はジェラール・モルト、監督・脚本は「さよなら子供たち」のルイ・マル、共同脚本はジャン・クロード・カリエール、撮影はレナート・ベルタ、音楽はステファン・グラッペリが担当。出演はミシェル・ピッコリ、ミュウ・ミュウほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国フランス=イタリア (1989)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
音楽
編集
字幕

キャスト

俳優名役名
ミシェル・ピッコリ (Michel Piccoli)Miolu
ミュウ・ミュウ (Miou Miou)Camille
ミシェル・デュショソワ (Michel Duchaussoy)Georges
ドミニク・ブラン (Dominique Blanc)Claire
ハリエット・ウォルター (Harriet Walter)Lily
ブルーノ・ガレット (Bruno Carette)Grimaldi
フランソワ・ベルレアン (Francois Berleand)Daniel
マルティーヌ・ゴーティエ (Martine Gautier)Adele
ポーレット・デュボー (Paulette Dubost)Madame Vieuzac
ロゼン・ル・タレク (Rozenn Le Tallec)Marie Laure
ルノー・ダネール (Renaud Danner)Pierre Alain
ジャンヌ・エリー・ルクレール (Jeanne Henrry Leclerc)Francoise
エティエンヌ・ドラベール (Etienne Draber)Mansieur Boutelleau
ヴァレリー・ルメルシェ (Valerie Lemercier)Madame Boutelleau
ユベール・サン・マカリー (Hubert Saint-Macary)Paul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック