トワノクオン 第1章「泡沫の花弁」

想いが暴走した世界で、人類が試される。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

トワノクオン 第1章「泡沫の花弁」

近未来の東京。ベスティアと呼ばれる特殊能力に目覚めた少年少女が確認されるようになっていた。自らの能力に飲み込まれ、暴走するベスティアたち。そのベスティアを人知れず鎮圧するためのサイボーグ部隊を擁するクーストースが暗躍する。ある夜、ベスティアの少年が追いつめられた時、獣のようなベスティアが現れ、深手を負いながらも、少年を連れ去る。それはインサニアと呼ばれ、クーストースがかねてから狙っている謎のベスティアだった。翌朝、ベスティアの少年・ユーマは目を覚ます。そこはファンタジアム・ガーデン。ベスティアとなった少年少女が集う場所だった。そしてユーマは、クオンという少年と出会う……。


解説

2010年11月に亡くなった『機動戦士ガンダム/第08MS小隊』の飯田馬之介監督が、最期のメッセージを込めた本格派SFアクションアニメ。病床で最期まで本作に取り組み、自らの作品への思いをスタッフに託したという。キャラクターデザイン・アニメーションディレクターは飯田監督と『おいら宇宙の探鉱夫』『機動戦士ガンダム/第08MS小隊』でコンビを組んだ川元利浩。協力監督に飯田監督と旧知の仲であるもりたけし、シリーズ構成に根本歳三が参加。(作品資料より)


配給ショウゲート
制作国日本 (2011)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら

2011年06月18日より新宿バルト9ほか全国にて



スタッフ

監督
協力監督
シリーズ構成
キャラクター・デザイン
撮影監督
美術監督
音楽
音響効果
編集
アクション監修
色彩設計/色指定
出演(声)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック