稲妻('52)

林芙美子の原作を、成瀬巳喜男の監督したもの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

清子は観光バスの案内嬢をしているが、次姉の光子も長姉の縫子も結婚している。この三人と兄の嘉助とは、母おせいが腹をいため子であったが、四人とも父がちがっていた。縫子が清子に両国のパン屋の綱吉との縁談を持って来たが、清子には縫子夫婦が、それを種に金儲けのうまい綱吉を利用しようとしている腹が見えていやだった。次姉の夫呂平が急死するが、その後に妾のリツと子供が残されていたことがわかった。光子は泣くに泣けないような気持で、綱吉の新しくはじめた吉祥寺の温泉旅館へ手伝いに行くが、そこへ縫子は女房気取りでいりびたってしまい、無能な夫の龍三は仕方なくおせいの許へころげ込んで来るのだった。


解説

企画は「大学の小天狗」の根岸省三、林芙美子の原作から「めし」「紅扇」の田中澄江が脚色し、「おかあさん」に次いで成瀬巳喜男の監督したもの。撮影は「呼子星」の峰重義が担当している。出演者は、フランスから帰国後「朝の波紋」「東京のえくぼ」と二本撮った高峰秀子、「利根の火祭」の三浦光子、「丹下左膳(1952)」の村田知英子との三姉妹役に、丸山修、浦辺粂子、中北千枝子、小澤榮などである。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1952)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
高峰秀子 (Takamine Hideko)清子
三浦光子 (Mitsuko Miura)光子
村田知栄子縫子
丸山修嘉助
浦辺粂子おせい
植村謙二郎龍三
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)綱吉
中北千枝子田上りつ
根上淳 (Jun Negami)国宗周三
香川京子 (Kagawa Kyoko)つぼみ
杉丘毬子
瀧花久子杉山とめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック