女であること

川端康成の原作を川島雄三が監督した文芸篇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

佐山家の主人・貞次は弁護士、夫人・市子は教養深い優雅な女性。結婚して十年、まだ子供がないが、佐山が担当する受刑者の娘妙子を引取って面倒をみている。ある日、市子の女学校時代の親友音子の娘さかえが、大阪から市子を頼って家出して来た。さかえは自由奔放で行動的。妙子は内向的な影のある娘で、父に面会に行くほかは、アルバイト学生有田とのひそかな恋に歓びを感じている。二人とも佐山夫妻に憧れているが、さかえは積極的、妙子は消極的だ。市子には結婚前、清野という恋人があったが、ある時、佐山の親友の息子光一から何年ぶりかの清野に紹介された。親しげに語り合う二人の様子を、さかえはじっと見詰めていた。


解説

朝日新聞に連載された川端康成の原作を「夜の鴎」の田中澄江、「続青い山脈」の井手俊郎、「幕末太陽伝」の川島雄三の三人が共同脚色、川島雄三が東京映画と新たに契約、監督した文芸篇。撮影は「一本刀土俵入(1957)」の飯村正が担当した。主演は「続々大番 (怒涛篇)」の原節子、「挽歌(1957)」の久我美子、森雅之、「地上」の香川京子、「その夜のひめごと」の三橋達也「近くて遠きは」の石浜朗。ほかに、太刀川洋一、中北千枝子、丹阿弥谷津子、荒木道子などが助演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
衣裳
製作主任
監督補佐
助監督
記録
スチール

キャスト

俳優名役名
森雅之 (Masayuki Mori)佐山貞次(弁護士)
原節子 (Hara Setsuko)佐山市子(貞次の妻)
久我美子 (Kuga Yoshiko)三浦さかえ(市子の友人の娘)
香川京子 (Kagawa Kyoko)寺木妙子(死刑囚の娘)
三橋達也清野吾郎(市子の昔の恋人)
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)村松光一(佐山の友人の息子)
石浜朗有田真(妙子の恋人)
音羽久米子三浦音子(さかえの母)
中北千枝子しま(佐山家女中)
山本學浅川(給仕)
南美江吉井恵美(女流画家)
丹阿弥谷津子 (Yatsuko Tanami)福原元子(市子の友人)
荒木道子山井くに子(市子の友人)
菅井きん波木よし子(市子の友人)
本間文子 (Noriko Honma)みどり洋装店女主人
歌川千恵縫子
美輪明宏オープニングタイトルの歌手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック