鯉名の銀平(’61)

田中徳三が監督した股旅もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

鯉名の銀平は、かつて大鍋一家では相当に売りこんだ顔だったが、今では、仲のよい卯之吉とともにかたぎになり、船大工として働いていた。二人は、駄菓子屋の五兵衛の家にで入りしている間に、彼の娘お市に惚れるようになっていた。銀平はお市の気持をたしかめようとしていたが、彼女ははっきりした返事をしない。下田港の縄ばりをねらって、親友丑松を先頭に帆立一家が横車を押してきた。しかし、大鍋の親分は、かたぎになった今ではと、子分どもを押さえた。五兵衛は単身なぐりこもうとするが、これを知った銀平は一足先に帆立一家に向った。


解説

長谷川伸の原作を、「木曽ぶし三度笠」の犬塚稔が脚色、「ドドンパ酔虎伝」の田中徳三が監督した股旅もの。撮影も同じく武田千吉郎が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1961)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)鯉名の銀平
中村玉緒 (Nakamura Tamao)お市
成田純一郎爪木の卯之吉
大辻伺郎徳三郎
安部徹 (Tooru Abe)帆立の丑松
名和宏黒目の又五郎
石黒達也五兵衛
荒木忍大鍋の島太郎
水原浩一岩角の多治郎
市川謹也洞窟の作蔵
寺島貢渋谷の百助
玉置一恵三五郎
香川良介江波太十郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック