とある飛空士への追憶

次期皇妃と飛空士、身分差の恋と空戦の物語

上映スケジュールはコチラ!
とある飛空士への追憶
とある飛空士への追憶
とある飛空士への追憶

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

とある飛空士への追憶

中央海と呼ばれる海を挟んで、神聖レヴァーム皇国と帝政天ツ上の両国では、絶えず激しい戦いを繰り広げていた。ある日、レヴァーム皇国の飛空士シャルルはある重大な任務を任される。次期皇妃ファナを水上偵察機の後部座席に乗せ、婚約者のカルロ皇子の元へ送り届ける極秘計画だった。遂に、シャルルとファナの二人で敵の領域を突破する12,000kmの旅が始まる。それは同時に身分違いの恋の始まりでもあった……。


解説

2008年に発売された犬村小六の長編小説を劇場映画化。大空で展開する空戦の迫力と身分違いの恋の切なさが、口コミを中心に多くの人々に広がり、2009年にはラジオドラマ化や漫画化と大反響を呼んでいる人気作だ。アニメーション制作を担当するのは、日本が世界に誇るマッドハウス。『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟らに多大な影響を与えた『妖獣都市』の川尻善昭作品、そして国内外の映画賞を多数受賞した『時をかける少女』『サマーウォーズ』の細田守作品等を世に送った日本屈指のアニメスタジオだ。作家性を重要視するスタジオに、監督には人気TVアニメシリーズ「彩雲国物語」や「はじめの一歩New Challenger」を手掛けた新鋭・宍戸淳。脚本は『時をかける少女』『サマーウォーズ』の奥寺佐渡子、キャラクターデザインには、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズを手掛けた人気アーティスト松原秀典など、注目のクリエーターが集結、最上のラブストーリをお届けする。(作品資料より)


配給東京テアトル
制作国日本 (2011)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら

2011年10月01日より全国にて



スタッフ

監督
脚本
原作
キャラクター・デザイン
メカニックデザイン
撮影
美術
音楽
主題歌
音響監督
編集
CG監督
色彩設計
出演(声)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック