猿の惑星:創世記(ジェネシス)

なぜ、猿たちは力を得て、人間は滅びたのか…。あの名作シリーズの原点が、ここにある。

上映スケジュールはコチラ!
猿の惑星:創世記(ジェネシス)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

アルツハイマーの薬を研究しているウィルは、チンパンジーに新薬を投与する。目覚ましい知能の伸びを見せたメスのチンパンジーがいたが、彼女は暴れだし、射殺されてしまう。妊娠していた彼女が産み落とした赤ん坊チンパンジーを育てていたウィルは、シーザーと名付けた彼に高い知能があることに気付く。ある日、アルツハイマーを患うウィルの父親が隣人ともめているのを見たシーザーは、彼を守ろうと暴れ、霊長類保護施設に入れられてしまう。


解説

1968年に発表され、全5作のシリーズとなった「猿の惑星」シリーズ。このシリーズの原点を描いたのが、本作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』だ。虐げられてきた弱者が、知恵と力を得て、自らを虐げてきた強者たちに復讐を挑む姿を、エモーショナルに描き出す。本作のキーキャラクターである天才チンパンジー、シーザーにエモーション・キャプチャーの技術で命を吹き込んだのは「LOTR」シリーズのゴラム役で知られるアンディ・サーキス。人間への怒り、父親からの自立、王者としての孤独などの感情を、表情や動作で見事に表現している。この人気シリーズの原点に現代の最新技術を利用して果敢に挑んだのは、本作がメジャー・デビューとなるルパート・ワイアット監督。


配給20世紀フォックス映画
制作国アメリカ (2011)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2011年10月07日より全国にて



スタッフ

監督
脚本
製作

キャスト

俳優名役名
ジェームズ・フランコ (James Franco)Will Rodman (ウィル・ロッドマン)
フリーダ・ピント (Freida Pinto)Caroline Aranha (キャロライン・アラニャ)
ジョン・リスゴー (John Lithgow)Charles Rodman (チャールズ・ロッドマン)
ブライアン・コックス (Brian Cox)John Landon (ジョン・ランドン)
トム・フェルトン (Tom Felton)Dodge Landon (ダッジ・ランドン)
アンディ・サーキス (Andy Serkis)Caesar (シーザー)
デイヴィッド・ヒューレット (David Hewlett)Hunsiker
タイラー・ラビン (Tyler Labine)Robert Franklin (ロバート・フランクリン)
ジェイミー・ハリス (Jamie Harris)Rodney (ロドニー)
チェラー・ホースダル (Chelah Horsdal)Irena (アイリーナ)
デイヴィッド・オイェロウォ (David Oyelowo)Steven Jacobs (スティーブン・ジェイコブス)
ソニヤ・ベネット (Sonja Bennett)Mother on Sidewalk (歩道上の母親)
カリン・コノヴァル (Karin Konoval)Maurice (モーリス)
リア・ギブソン (Leah Gibson)Party Girl (パーティーガール)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック