お嬢さん(1961)

三島由紀夫の小説を弓削太郎が映画化した青春編

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

かすみとおチエは、揃って学校へ通う親友同士。そしてそろそろ夢多き青春から結婚へのコースをたどっているようだ。かすみの父は会社の部長、母はその父に仕える平凡な、そして良妻賢母型。兄はすでに結婚して、素晴らしい奥さんと独立している。しかし、父も母も嫁入りの話など一向にしない。しかし、しょっちゅう家に遊びに来る、父の会社で働く3人のハンサム・ボーイのうち2人は、かすみに好意をもっているようす。そのうちの1人、牧が、専務を通じてかすみをお嫁さんに欲しいといってくるが、かすみはもう1人の男性・景一を好きになってしまう。だが、景一は、大へんな色事師で……。


解説

三島由紀夫の同名小説を、『東京の空の下で』の弓削太郎が監督した青春もの。大企業重役の娘かすみが選んだフィアンセは、父親の部下であり名うてのプレイボーイ景一であった……。ハラハラしたい恋愛の後にやってくるハラハラしたくない結婚生活。若尾文子が妄想と行動を繰り返すヒロインを滅茶苦茶可愛く演じるほか、大映青春スター揃い踏みの楽しさ溢れるコメディ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1961)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
若尾文子 (Wakao Ayako)藤沢かすみ
川口浩沢井景一
野添ひとみ花村チエ子
田宮二郎 (Jiro Tamiya)牧周太郎
清水将夫藤沢一太郎
三宅邦子 (Kuniko Miyake)妻かより
友田輝長男正道
中田康子妻秋子
仁木多鶴子浅子
中川弘子紅子
宮川和子女中ヨシイ
平井岐代子チエ子の母貞代
北原義郎川上
立花良一尾崎
耕田久鯉子「おそめ」のおかみ
田代真弓ハイテーンの女子
谷謙一旦那風の男
新宮信子姐さん芸者
森一夫若者
奈良ひろみ「花村」の女中
瀬戸良子ファンキーガール
伊奈久男ファンキーボーイ
志保京助タクシーの運転手
磯奈美枝モギリ娘
竹里光子管理人
松本幹二「エル・ドラドオ」の男店員
穂高のり子邦江
中原美沙緒シャンソン歌手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック