東京の孤独

井上友一郎の同名小説の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東京ディッパースの新人テスト場のある伊東の町へ、二人の男が降り立った。その一人、プロボクサーの猿丸真二郎は、ポジションは投手をめざし、ディッパースの大貫監督を尊敬していた。もう一人の男、黒柳平介は大打者を夢見ている。猿丸は、伊東への車中でスリに会い困っているところを、ディッパースのファンと称する若い女性に汽車賃を払って貰ったのだが、その女性が現われたので驚いた。彼女は、大貫監督の妹で登世子といった。猿丸は、テストで暴投した。彼はジムに帰ろうと思った。が、ディッパースは二人の採用を決定した。その裏には、二人を入団させても優勝できないと考える、二軍監督・小芝の、大貫監督失脚を狙う策動があった。ところが、期待と策略を尻目に、二人の新人は消息を絶ったのだ。


解説

サンデー毎日に連載された井上友一郎の同名小説の映画化で、プロ野球を舞台にした青春映画。「仮面の女」の松浦健郎と井上梅次が脚色し、「群集の中の太陽」の井上梅次が監督した。撮影は「俺は挑戦する」の高村倉太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1959)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
小林旭 (Akira Kobayashi)猿丸真二郎
大坂志郎大貫哲也
月丘夢路妻薫
芦川いづみ妹登世子
宍戸錠 (Jo Shishido)黒柳平介
清水まゆみ小松梢
安部徹 (Tooru Abe)堀木ヘッドコーチ
西村晃野々宮
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)岩坪
植村謙二郎小芝二軍監督
河野弘根津外野手
三島雅夫星野社長
弘松三郎高峰監督
伊藤寿章吉丸スカウト
峰三平友田打撃コーチ
高野誠二郎豊沢マネージャー
田中筆子キチ
志村正順アナウンサー
南村侑弘野球評論家A
小西得郎野球評論家B
藤村富美男野球評論家C
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック