いのちぼうにふろう

小林監督がならず者の世界に材を得て放つ時代劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

その「島」は四方を堀に囲まれていた。その千坪ばかりの荒れ地は「島」と呼ばれ、島と街を結ぶ唯一の道は深川吉永町にかかっている橋だけである。安楽亭は、その島にぽつんと建っていて、ここには一膳飯屋をしている幾造、おみつ父娘に定七、与兵衛、政次、文太、由之助、仙吉、源三が抜荷の仕事をしながら住んでいた。安楽亭は悪の吹き留りであり、彼らは世間ではまともに生きることのできない無頼漢だ。一つ屋根の下に寄り集りながら他人には無関心であり、愛情に飢えながらその情さえ信じない。ある日、男たちに灘屋の小平から抜荷の仕事が持ち込まれた。和蘭陀や唐から禁制品を積んだ船が中川へ入る。定七らが小舟で抜荷した品物は安楽亭に隠匿し灘屋が客に応じて運びだす。だが定七は小平に疑惑を抱いていた。


解説

昭和四十四年七月、黒澤明、木下恵介、市川崑監督と「四騎の会」を結成した小林監督がならず者の世界に材を得て放つ時代劇。山本周五郎原作『深川安楽亭』の映画化。脚本は仲代達矢夫人で女優の宮崎恭子が隆巴(りゅう・ともえ)のペンネームで執筆。監督は「怪談」の小林正樹、撮影は「無頼漢」の岡崎宏三がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1971)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
装飾
音楽
録音
音響
照明
編集
衣裳
製作主任
助監督
記録
スチル
殺陣

キャスト

俳優名役名
中村翫右衛門幾造
栗原小巻 (Komaki Kurihara)おみつ
佐藤慶 (Kei Sato)与兵衛
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)定七
近藤洋介政次
岸田森源三
草野大悟由之助
山谷初男文太
植田峻仙吉
山本圭 (Kei Yamamoto)富次郎
中谷一郎 (Ichiro Nakaya)八丁堀同心岡島
神山繁 (Shigeru Koyama)八丁堀同心金子
滝田裕介灘屋の小平
勝新太郎 (Shintaro Katsu)
酒井和歌子 (Sakai Wakako)おきわ
三島雅夫船宿の徳兵衛
矢野宣勝兵衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック