二重の鍵

アメリカの推理作家スタンリー・エリンの『ニコラス街の鍵』を原作に、クロード・シャブロルが初めてスリラー映画を監督した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

日曜の朝、しどけない姿で女中のジュリーが窓から身を乗りだしている。−−マルクウ家は南仏の町エックス・アン・プロヴァンスの郊外の邸宅だ。当主のアンリは隣りの家に、若い愛人レダを住まわせていた。日本にいた外交官の娘で、教養がある。それに美しい。老妻のテレーズのみにくさは、どうだ。第一、その偽善ぶりが気にいらない。母親っ子の長男リシャールは変質的で、音楽気違いだ。父の気にいりの娘エリザベトには、婚約者がいる。ハンガリー系の無国籍者ラズロだ。彼が夫にレダを紹介したのだと、テレーズは憎んでいる。


解説

脚本と台詞は「いとこ同志」でシャブロルに協力したポール・ジェゴフ、撮影は「大人は判ってくれない」のアンリ・ドカエ、音楽はポール・ミスラキと、いずれも、「いとこ同志」のスタッフ。出演はマドレーヌ・ロバンソン(この作品で五九年度ヴェニス映画祭女優演技賞を獲得している)「墓にツバをかけろ」のアントネラ・ルアルディ、「勝手にしやがれ」のジャン・ポール・ベルモンド、「反乱」のジャック・ダクミーヌのほか、ジャンヌ・ヴァレリー、ベルナデット・ラフォン、アンドレ・ジョスランの新人たちである。製作ロベール・アキムおよびレイモン・アキム。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国フランス (1959)
ジャンルスリラー/サスペンス 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
原作
台詞
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
マドレーヌ・ロバンソン (Madeleine Robinson)Thevese Marcoux
ジャック・ダクミーヌ (Jacques Dacqmine)Henri Marcoux
アンドレ・ジョスラン (Andre Jocelyn)Richard
ジャンヌ・ヴァレリー (Jeanne Valerie)Elisabeth
アントネラ・ルアルディ (Antonella Lualdi)Leda
ジャン・ポール・ベルモンド (Jean Paul Belmondo)Luszlo Kovacs
ベルナデット・ラフォン (Bernadette Lafont)Julie
マリオ・ダヴィド (Mario David)Roger
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック