三十三間堂・通し矢物語

1606年、京都の三十三間堂で初めて行われた通し矢を描いた作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

和佐大八郎の父親は、通し矢の記録を打ちたてたが、後に星野勘左衛門に破られ自害した。父の名誉を回復するために、十七歳の大八郎は毎日訓練に励む。勘左衛門は名を伏せて大八郎に弓矢の指導をし、遂には自分の記録を破らせる。


解説

通し矢とは、朝六時から翌日の六時までの間に、六六間(119メートル)先の的に射る矢の数を競うもの。一六六八年、星野勘左衛門は一万五百四十二本の弓を放って、八千本を的に当てた記録を作ったが、十八年後、和佐大八郎が一万三千五十三本を放って、八千百三十三本を当てて新記録を作った。この出来事に基づいて小国英雄が脚本を書いた。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1945)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
録音

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫星野勘左衛門
田中絹代 (Tanaka Kinuyo)お絹
市川扇升和佐大八郎
田中春男不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック