陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル PG-12

N.Y.市警を舞台に豪華キャストで贈るクライム・サスペンス

上映スケジュールはコチラ!
陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル
陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル
陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル

2002年のN.Y.。殉職した父親の後を継ぐように警官になったジョナサンは、クイーンズに配属される。そんな彼のもとに、過去の事件を仄めかす脅迫状が届き始める。1986年、13歳のジョナサンは麻薬常習者の男を、男が所持していた銃で撃ち殺したことがあった。刑事のスタンフォードはジョナサンを尋問するが、その後事件を隠ぺいした。スタンフォードはジョナサンの父親の元相棒だったのだ。やがて新聞に事件隠ぺいに関する記事が掲載され……。


解説

「男たちのヒート祭り」第7弾として公開される本作は、ニューヨークのクイーンズを舞台に、かつて隠ぺいされた事件の暴露、そして警察機構の腐敗した権力構造があぶり出されていく様をスリリングに描いたクライム・アクションだ。メガホンをとったのは、画家やミュージシャンとしても活躍しているディート・モンティエル。殺人の罪を闇に葬った暗い過去を持つ主人公の若い警官を、チャンニング・テイタム(『G.I.ジョー』)が演じるほか、アル・パチーノやジュリエット・ビノシュ、レイ・リオッタといった名優が脇を固めているのが話題だ。これら豪華キャストを得て見応えのあるサスペンスに仕上がるとともに、警官という職業の名と暗、裏と表を浮き彫りにしていくところが興味深い。


配給日活
制作国アメリカ (2010)
ジャンルアクション スリラー/サスペンス
公式サイト公式サイトはこちら

2011年07月09日より銀座シネパトスほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
プロデューサー
撮影監督
音楽
編集
衣装デザイン
ライン・プロデューサー

キャスト

俳優名役名
チャニング・テイタム (Channing Tatum)Jonathan White (ジョナサン・ホワイト)
トレイシー・モーガン (Tracy Morgan)Vincent Carter (ヴィンセント・カーター)
ケイティ・ホームズ (Katie Holmes)Kerry White (ケリー・ホワイト)
レイ・リオッタ (Ray Liotta)Captain Mathers (マリオン・マサーズ)
ジュリエット・ビノシュ (Juliette Binoche)Laurene Bridges (ローレン・ブリッジス)
アル・パチーノ (Al Pacino)Detective Stanford (チャールズ・スタンフォード)
ジェームズ・ランソン (James Ransone)Thomas Prudenti (トーマス・プルデンティ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック