伝七捕物帖 銀蛇呪文

捕物作家クラブの原作を福田晴一が監督した伝七捕物帖シリーズ活劇篇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

甲府勤番山内日向守は、禁制の麻薬を栽培して、江戸室町の薬種問屋の近江屋を通じて売らせていた。ある日近江屋に奇怪な呪文が舞込み、妻のお勢津が殺され、ついで次女のお京も何者かの手にかかって殺された。その後江戸の町に横笛を吹く幽霊が出るという噂がたった。北町奉行同心の橘三四郎は伝七に、この事件の協力を頼んだ。早縄の五兵衛に追われている近江屋の手代伊乃吉が、女房お俊の幼馴染みの花魁小袖太夫のところに隠れているのを助けての帰り、怪しげな猩々を目撃し、覆面の武士に襲われた。お勢津の死を疑った伝七は、墓をあばいて別人であることを発見し、両国の川開きで日向守と同じ船に乗っているお勢津をみつけた。


解説

伝七捕物帖シリーズ初のワイド、色彩で描く活劇篇。捕物作家クラブの原作を元持栄と「続二等兵物語 五里霧中の巻」の安田重夫が共同脚色し、「伴淳・アチャコ・夢声の活弁物語」の福田晴一が監督、同じく片岡清が撮影した。主演は「大忠臣蔵」の高田浩吉、「淑女夜河を渡る」の福田公子、「伴淳・アチャコ・夢声の活弁物語」の伴淳三郎、瑳峨三智子。ほかに山田周平、石黒達也、大邦一公、山路義人、桂小金治、水原真知子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1957)
ジャンル任侠/時代劇 


キャスト

俳優名役名
高田浩吉黒門町の伝七
福田公子女房お俊
伴淳三郎獅子ッ鼻の竹
小笠原省吾橘三五郎
瑳峨三智子小袖太夫
大邦一公近江屋惣右衛門
水原真知子妻勢津
伊吹友木子長女お小夜
紫千代次女お京
佐々木京子千沙
野沢英一番頭忠助
高野真二手代伊乃吉
桜京美下女お富
山田周平丁稚益どん
高山裕子乳母お菊
海江田譲二神山弥十郎
山路義人早縄の五兵衛
高屋朗三太
中田耕二半次
石黒達也山内日向守
桂小金治幇間露八
高木晋平弥吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック